文字の大きさ
大
中
小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒色
黒地に黄色

音声読み上げ

  • 連絡先一覧:組織から探す
  • 携帯サイト
  • Foreign language
  • ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2010年3月27日

大海西山遺跡

かほく市瀬戸町

大海西山遺跡
県指定史跡  平成10年2月27日指定

大海西山遺跡は、かほく市大海川中流左岸、標高70~80mの通称西山に立地する弥生時代後期後葉の集落跡である。
昭和62年度から3ヵ年にわたって、柿団地造成に伴う緊急発掘調査が実施され、大規模な防禦用の断面V字型の環濠をめぐらす「高地性集落」であることが明らかにされた。
遺跡は、環濠に囲まれた北住居域(約13,000平方メートル)と環濠外の南住居域(約13,100平方メートル)の2つの住居域から構成される。北住居域をめぐれる環濠は、総延長約260mを測り、最大で幅約11m、深さ約6mの規模を持つ。北住居域からは竪穴式住居跡2棟、掘立柱建物柱列などが、南住居域からは竪穴式住居跡9棟が検出されている。
弥生時代の高城としての形態を完全に残し、県内で確認されている高地性集落跡の中でも最も遺存良好で、当時の社会情勢や歴史的背景をうかがい知ることのできる物的証拠として、その価値は極めて高く重要である

 

よくあるご質問

お問い合わせ

所属課:教育委員会文化財課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1841

ファクス番号:076-225-1843

Email:bunkazai@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?