• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2010年9月21日

妙法輪寺のナンテン・ゼンショウジキクザクラ

妙法輪寺のナンテン

羽咋郡宝達志水町字麦生ニ196

妙法輪寺のナンテン
県指定天然記念物  昭和58年5月10日指定

ナンテン(南天・南天竹)は、日本(本州中南部以西南・四国・九州・沖縄)・中国中南部・インドなどの暖地に分布する高さ1~3mの低木で、薬用・観賞用として古くから栽培され、すでに『明月記』(寛喜2年《1230》条)に記録が見られる。縁起木・献歳植物として古来より愛され、ナンテンは「難転」にして「万事成就する」という俗信がある。中国北部でも「聖竹」と称し、寺廟の祭壇、家や船の室に正月を飾り、または水仙と共に描いた南天を「天仙図」と呼び、松と共に描いたものを「蒼松寿古」と称して寿ぎ、また元服の式に床の間に挿花を飾った。
妙法輪寺の南天は、28株を根元より叢生、株束周囲は根元99cm、胸高160cm、高さ7.52m、各株の太いものでは幹径(1) 11.6cm (2) 9.5cm (3) 8.6cm (4) 8.5cm (5) 7.6cm (6) 7.5cm(昭和57年)などとなっており、佐渡市金子邸の全国最高といわれるナンテン(根回り20cm、高さ5.5m)と比肩される。樹齢推定300~400年、幹にウメノキゴケ属の地衣を着生した古木で、なお健在である
昭和60年「石川県の文化財」より

 

ゼンショウジキクザクラ

羽咋郡宝達志水町字所司原テ30-1

ゼンショウジキクザクラゼンショウジキクザクラゼンショウジキクザクラ

県指定天然記念物  昭和58年5月10日指定

  ヤマザクラ系菊咲き品種。直立する高木で、高さ12m、胸高幹周囲3.1m(幹径1.0m)、枝張り東西19m、南北14.5m。花つぼみは桜色(淡紅色)でケタノシロキクザクラよりも濃いが、開花時はほとんど白色(淡白)になる。花径3.6~4.0cm。副がく構造もケタノシロキクザクラと同様であるが、花托の隆起と花葉増数の傾向は更に著しく、花はおおむね二段咲きとなる。二段咲きの花では、がく筒の花葉着生部は開花と共に反巻して、外輪花として展開し、その後、隆起花托とこれに着生する内輪花葉群を伸長せしめることは、ヒウチダニキクザクラ・ライコウジキクザクラと同様である。満開時の花は球状である。花弁は130~250、雄ずい90~40、雌ずい1~5、他に葉化した雌ずい2~8も満開時弁化する。花員150~300、一段咲きの花にはごくまれに結実を見る。
  樹齢推定400年、県下に見られるヤマザクラ系諸桜中最大の株である。
学名:Prunus jamasakura SIEBOLD cv. Zenshoji-kikuzakura
昭和60年「石川県の文化財」より

 

お問い合わせ

所属課:教育委員会文化財課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1841

ファクス番号:076-225-1843

Email:bunkazai@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?