• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2010年9月21日

菅原神社の大スギ・西慶寺のヤマモミジ

菅原神社の大スギ

加賀市山中温泉栢野ト49番地

菅原神社の大スギ
県指定天然記念物  平成17年8月16日指定

スギは、日本固有の一属一種の常緑針葉樹であり、本州全域及び四国・九州・屋久島に分布する。古来から、建築材、家具などとして様々な利用が行われ、人々の生活に最も密接に関わる樹木といわれている。また、本県には、「桑島杉」、「日用杉」、「河合谷杉」といった多くの造林品種が知られるが、天然のスギは激減している。
加賀市山中温泉栢野地内にある菅原神社の参道脇には、国指定天然記念物「栢野の大スギ」(昭和3年11月30日指定)と、今回指定する3本の大スギが並立する。これらの大スギは、「栢野の大スギ」の北側約10mに立つ1本が樹高約40m、幹周8.03m、「栢野の大スギ」と参道をはさんで東側約5mに立つ1本が樹高約40m、幹周6.80m、また、「栢野の大スギ」と参道をはさんで北東側約10mに立つ1本が樹高約35m、幹周3.20mである。
今回指定する大スギのうち2本については、「栢野の大スギ」と、ほぼ同じ年代を経たものと考えられている。
また、「栢野の大スギ」を含めた4本の巨樹は、神域としてきたため残されたものであり、至近距離で林立する例は、県内では希少であり、偉観をなす景観は、特に優れている。
菅原神社の大スギは、これらのことから、学術的にも貴重であり、文化財的価値は高いため、天然記念物に指定し、その保護を図ることが必要である。 

 西慶寺のヤマモミジ

輪島市門前町谷口ロ12の13番地

西慶寺のヤマモミジ
県指定天然記念物  平成17年8月16日指定

ヤマモミジは、カエデ科カエデ属の落葉高木であり、種内変異に富む。主に日本海側の福井県から青森県の山地に分布する。秋の紅葉の美しさから、古くより紅葉狩りの対象となる他、庭木・盆栽として植えられるなど、人々に広く愛される樹木の一つである。
輪島市門前町谷口地内の西慶寺境内に立つ「西慶寺のヤマモミジ」は、樹高約20m、幹は地上0.5mで二枝に分かれ、幹周は地上1.3mで西側の幹が2.3m、東側の幹が3.44mである。また、東側の幹は、地上1.75mで二枝に分かれ、幹周はそれぞれ2.75m、1.75mである。
樹冠の幅は、約25mにわたり、扇形に四方へ広がり、さらに下方の道路に向かい大きくのびることなど、樹形に優れており、一木で庭をなす感を受ける巨樹である。また、ヤマモミジ特有の小さい葉を密につけ、紅葉はすばらしい。樹齢については約500年と推定される。
このヤマモミジは、景観にも優れた、県内で最大級のヤマモミジであり、他に類例をみないことから、文化財的価値は高いため、天然記念物に指定し、その保護を図ることが必要である

 

お問い合わせ

所属課:教育委員会文化財課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1841

ファクス番号:076-225-1843

Email:bunkazai@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?