• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2017年2月14日

第7回(平成25年6月28日)

    庭園の植栽樹木の調査を行いました。
    アカマツ、クロマツを中心に、約30本の松を植栽する予定です。
    金沢のほか、加賀地方から能登地方まで広く造園業者さんの圃場を見て、 庭園に適した松を探しました。

第7回その1

第7回その2


    今回の整備では、庭園の造形や石垣を見てもらうことを重視しているため、 植栽は比較的高さを抑えた設計にしています。最も大きなものでも高さ4.5m程度です。

     背が低くて十分な枝張りを持った松というのは、なかなか見つからないものでした。

 

    庭園を監修していただいている専門家の方からは、 「それぞれがどんなにいい木であっても、一本だけ目立ってもしょうがない。庭全体を見たうえで決めていかないと」との、重いご意見をいただきました。
    今回調査した木について、全体を整理したうえで方針を決めていく予定です。

    鼠多門跡の周辺では、研究所がボーリング調査を行っていました。
    地面に筒状に穴を開け、土層の変化を確認していきます。
    かつての鼠多門の地盤は、現在よりも低い位置だったと考えられています。
    尾山神社側の外周石垣に見られる橋台の痕跡からも、そのことがうかがえますが、 紅葉橋から鼠多門に至る通路の構成など、まだまだ判明していないことも多いようです。

第7回その3


    (大) 

お問い合わせ

所属課:土木部公園緑地課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1772

ファクス番号:076-225-1773

Email:e251800a@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?