• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2017年2月14日

第13回(平成25年8月26日)

     庭園の石橋の材料になる戸室石を確認に行きました。 
     戸室石は金沢郊外の戸室山周辺から産出する安山岩で、 藩政期から城の石垣などに使われてきました。
     戸室山から金沢城まで石を運んだ道を石引道と言い、今でも「石引」という地名に名残をとどめます。

 

     青みが強いものを青戸室、赤みが強いものを赤戸室と呼び、 青戸室は産出量が少なく、藩政期には前田家が独占的に使用していました。
     現在、新たに産出されるものは赤戸室だけです。

 

     採石場には大きな原石がゴロゴロと並べられています。

  

第13回その1

 

     今回使用する石は、この中でもかなり大きい方の石になるようです。
     長辺で2.5m以上の材を切り出す必要がありますから、 原石は3mを超えるものになります。

 

第13回その2

 

     外観がきれいな石でも、割ってみると大きな傷があったりすることもあるようです。
     「こればっかりは割ってみないと」という石屋さんの回答でした。

     今後、この原石を粗割りし、石工さんの手で加工を行って、 石橋を製作していきます。
     出来上がりの姿は、兼六園の虹橋に近いものになる予定です。

第13回その3

 

     (大)

 

お問い合わせ

所属課:土木部公園緑地課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1772

ファクス番号:076-225-1773

Email:e251800a@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?