• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2017年2月14日

第25回(平成25年12月4日)

     庭園のマツを積雪から守るため、雪吊りを設置しました。
     兼六園をはじめとした北陸の庭園の冬の風物詩にもなっています。 
     まず、竹や丸太の柱にわら縄を結んだものを事前に作っておきます。 
     事前に樹木の高さや枝数を見て、ちょうどよい大きさにしてあります。

第25回その1

 

     樹冠のほぼ中心に、枝を傷めないように慎重に柱を差し込み、固定します。
     柱を垂直に立てるため、2方向から傾きがないか確認します。

第25回その2

 

     わら縄をほどき、枝一本一本にくくりつけていきます。
     先飾りと呼ばれる、柱の頭の形状は、造園業者さんによって何種類かありますが、 今回は兼六園で多く見られる、比較的手の込んだものに統一しました。
     また、縄の数も通常よりもやや多めにしています。

第25回その3

 

     先飾りを拡大すると、こうなります。

第25回その4

 

     約30本の円錐が立ちました。
     枝振りの大きい樹木ほど、大きく立派な雪吊りになります。

第25回その5

 

     (大)

お問い合わせ

所属課:土木部公園緑地課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1772

ファクス番号:076-225-1773

Email:e251800a@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?