• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2017年2月14日

第20回(平成25年11月7日)

     池底が仕上がった場所から、仕上げの砂利を敷いていきます。
     昔に比べて川砂利は入手が難しくなってきているようです。ある程度規格が決まっているため、 兼六園の霞が池の底砂利に比べると、若干小さい砂利になりました。
     今回は石川県南部の手取川産の砂利を使用しています。犀川や浅野川の砂利に比べると白い色合いが強いため、明るい池底になるのではないかと期待しています。

第20回その1

 

     近県の技術職員の方の視察がありました。少人数のものも含めると、 毎週のように視察の方が来られます。 
     この時期は、玉泉院丸の庭園工事と橋爪門の復元工事をセットで視察される方が多いようです。

第20回その2

 

     船小屋の木材を確認するため、金沢市内の加工場に行きました。
     柱や梁などの構造材は県内能登地方の特産の能登ヒバを使用します。

     水に強い特色がありますので、常時水に浸かる船小屋の柱などには適しています。
     粗加工段階の木材でしたが、綺麗な白木で能登ヒバ特有の香りがしていました。
     この後の防腐処理加工は、県外の工場で行うことになるそうです。

第20回その3

 

     (大)

お問い合わせ

所属課:土木部公園緑地課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1772

ファクス番号:076-225-1773

Email:e251800a@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?