• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2017年2月14日

第34回(平成26年2月24日)

     唐傘の屋根工事を行っています。 

     杮(こけら)葺きの下地になる野地板を複雑に組み合わせ、傘らしい丸みを出しています。

第34回その1

 

     杮葺きは、サワラという木の板を何重にも重ねていく伝統工法です。

     サワラはヒノキの仲間で、水に強い特徴を持っています。

     軒の方から順に、竹釘と真鍮釘を手早く打って板を重ねていきます。

第34回その2

 

     昭和30年代に兼六園の唐傘を復旧したときの写真です。

     この唐傘も現在では、金属板で葺かれています。

第34回その3

 

     兼六園にはもう一つ、銅板葺きの唐傘もあります。 

     寸法は一回り小さく、屋根は完全には固定されていないため、クルクルと回転させることができます。

     昔の兼六園をよく知る人に聞くと、子供の頃、この傘を回して遊んでいたそうです。

第34回その4

 

     絵図で確認すると、この唐傘の足元には、七角形の土台石が敷かれていたようです。

     正七角形を造ろうとすると、中途半端な角度になります。

     なぜ七角形にしたのか、偶然なのか理由があってのことなのかわかりませんが、今回の整備でも7枚の石を組み合わせて再現します。

第34回その5

 

     (大)

 

お問い合わせ

所属課:土木部公園緑地課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1772

ファクス番号:076-225-1773

Email:e251800a@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?