• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2017年2月14日

第31回(平成26年2月7日)

     高台に建てる唐傘型の休憩施設の柱を立てました。
     金沢城では傘型の休憩施設は珍しくなかったようで、兼六園に2つ、城内では二の丸と玉泉院丸に1つずつあったことが記録に残っています。
     今回の整備ではこれらの絵図や明治期の写真などの資料を参考にしています。

     一本柱を基礎コンクリートで巻いて固定します。
     今後、作業のための足場を作り、木組みや屋根葺きを行う予定です。

第31回その1

 

     出島から見ると、ちょうど木橋の正面に唐傘が見えることになります。

第31回その2

 

     金沢でもまとまった降雪がありました。
     一面の雪景色になり、気温も低いため水面も凍結してしまいました。

第31回その3

 

     庭園のマツにも重く湿った雪が積もり、雪吊りによって枝が支えられています。
     仕立てもののマツは枝が長く張り出しているので、もし雪吊りがなければ、多くの枝が折れてしまいそうに見えました。

第31回その4

 

     この状態で雨が降ったりすると更に重くなるため、積もった雪は人力でできる限り落とすようにしています。

 

     (大)

お問い合わせ

所属課:土木部公園緑地課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1772

ファクス番号:076-225-1773

Email:e251800a@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?