• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2013年5月27日

発掘調査

    平成20年度からの確認調査により、景石や護岸石垣、滝石組など、庭園に関連した多くの遺構が確認されています。これらの調査結果は、金沢城の歴史を知る上での重要な手掛かりとなります。

池底・護岸の確認

    露地役所跡と出島との間では、池底や大型の景石、護岸石垣の遺構が確認されました。この場所では庭園の遺構が良好な状態で残っていることがわかり、池の水深の手掛かりや護岸の様子などが明らかになりました。

近世後期の推定地盤

池底の発掘状況

滝石組の確認

    松坂南側の斜面では滝の遺構が確認され、流れの概ねの形状が明らかになりました。

滝遺構2 

滝遺構(想定される水の経路を着色)

色紙短冊積石垣下部の滝壺

    意匠的な石垣として知られ、V字型の樋が組み込まれている色紙短冊積石垣の下部では、大型の板石を用いた石組が確認されました。

色紙短冊積石垣

色紙短冊積石垣(水を落とした経路を着色)

 

お問い合わせ

所属課:土木部公園緑地課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1772

ファクス番号:076-225-1773

Email:e251800a@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?