• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 連絡先一覧 > 健康福祉部少子化対策監室(子ども政策課) > 令和3年「春のあんしんネット・新学期一斉行動」について

ここから本文です。

更新日:2021年1月28日

令和3年「春のあんしんネット・新学期一斉行動」について

  例年、多くの青少年が初めてスマートフォン等を手にする時期でもある春の卒業・進学・新入学の時期(2月から5月)に特に重点を置き「春のあんしんネット・新学期一斉行動」として、スマートフォンやSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)等の安全な利用のための啓発活動等の取組を全国各地で集中的に展開しています。

  フィルタリングの利用促進や家庭でのルールづくり、インターネットリテラシーの向上など、青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境づくりを全国で強力に推進することといたしましたので、県民の皆様の御協力をお願いいたします。

  ※  詳細は内閣府HP(外部リンク)をご覧ください。

実施期間

    2021年2月~2021年5月

参加府省庁

    内閣府・内閣官房・警察庁・消費者庁・総務省・法務省・文部科学省・厚生労働省・経済産業省

 「春のあんしんネット・新学期一斉行動」における主な取組

1  ペアレンタルコントロール(保護者による管理)

  保護者等は、家庭において青少年を監護・養育する立場にあり、自らの教育方針に基づいて、青少年が安全に安心してインターネットを利用することができる環境を整備する役割を担うものであることから、青少年の置かれている環境やその発達段階に応じてインターネット利用を適切に管理すること。 

 

2  積極的なフィルタリングの利用  

   保護者は、子どものスマートフォン等の活用に際し、子供とインターネットのリスクについて話し合うなどによって積極的にフィルタリングを活用すること。青少年の発達段階に応じたカスタマイズ機能の整備が進んでいることから、その利用を検討するなどによって、フィルタリングの活用を進めること。

 

3 時間管理機能、課金制限機能等による適切な利用                

  青少年のスマートフォン等の利用状況を把握し、利用時間の制限・調整、課金管理等が行える、時間管理機能、課金制限機能等を活用すること。 

 

4  話し合いによる家庭内ルールづくり

  ネット利用が拡大するにつれ、SNS等に起因する青少年の犯罪被害、誹謗中傷や自画撮り画像配信等の情報発信を契機とするトラブル、低年齢化や長時間利用等に伴う問題、高額課金やネット詐欺等の消費者問題等が生じていることから、スマートフォン等の不適切な利用によるリスクについて家庭で話し合い、正しい生活習慣づくりやインターネットを正しく利用するための家庭内ルールを作ること。ルールづくりにおいては、青少年の発達段階、インターネットに関する知識、コミュニケーション能力等に応じるものとし、成長・能力向上に伴い定期的に
見直すこと。

 

          ※県政出前講座などもご活用ください。(リンク:県政出前講座) 

 

 


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課:少子化対策監室 子ども政策課

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1447

ファクス番号:076-225-1423

Email:e150300@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?