• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2013年1月10日

薬注棟

   薬注棟の地下部には、凝集剤貯蔵槽、消毒剤貯蔵槽、中和剤貯蔵槽があり、それぞれの薬剤を各池に注入する注入ポンプがあります。
   鶴来浄水場で使われる凝集剤は、水道用ポリ塩化アルミニウム(PAC)です。注入量は原水の濁度と流入量から制御コンピュータが計算し、着水井に注入ポンプより自動注入します。
   消毒剤は、次亜塩素酸ナトリウム(NaCℓO-12%)です。最初に急速混和池に注入します。このことを、前塩注入といいます。次に沈でん池の流出部に注入します。このことを中塩注入といいます。最後に塩素混和池に注入します。このことを後塩注入といいます。この前塩、中塩及び後塩は、規定の塩素濃度になるように制御コンピュータが計算・制御し、注入ポンプにより自動注入します。
   中和剤は、苛性ソーダ(NaOH)です。pHの調整剤として着水井に注入することになっています。

 

PAC貯蔵槽

PAC貯蔵槽

次亜塩素酸ナトリウム貯蔵槽

次亜塩素酸ナトリウム貯蔵槽

苛性ソーダ貯蔵槽

苛性ソーダ貯蔵槽

PAC注入ポンプ

PAC注入ポンプ

次亜塩素酸ナトリウム注入ポンプ

次亜塩素酸ナトリウム注入ポンプ

苛性ソーダ注入ポンプ

苛性ソーダ注入ポンプ

各設備の説明

施設・設備名 機能

PAC貯蔵槽

(パックチョゾウソウ)

3槽 水道用ポリ塩化アルミニウム(PAC)を貯蔵。
形式:角形密閉槽、材質:本体SS41、内部ゴムライニング。
容量:36立方メートル×2槽、72立方メートル×1槽。

PAC注入ポンプ

(パックチュウニュウポンプ)

7台 注入量は制御コンピュータが原水の濁度と流入量から計算し、着水井に自動注入している。平均注入量は、約100L/H。
前PAC注入ポンプ:大2台、小2台。運転1台。
後PAC注入ポンプ:1系1台、2系1台、予備1台。


次亜塩貯蔵槽

(ジアエンチョゾウソウ)

3槽 水道用次亜塩素酸ナトリウム(NaCLO-12%)を貯蔵。
形式:円筒立形定置式、材質:本体FRP、内部硬質塩化ビニル板。
容量:20立方メートル×3槽。


次亜塩注入ポンプ

(ジアエンチュウニュウポンプ)

12台 注入量は制御コンピュータで規定の塩素濃度になるよう計算・制御し、自動注入している。平均注入量は、約50L/H。(前・中・後塩合計)
前塩注入ポンプ:1系2台、2系2台
中塩注入ポンプ:1系2台、2系2台
後塩注入ポンプ:1系2台、2系2台
各1台運転、1台待機。

苛性貯蔵槽

(カセイチョゾウソウ)

2槽 中和剤用苛性ソーダ(NaOH-20%)を貯蔵。
形式:屋内密閉形両面鏡、材質:本体ステンレス。
容量:18立方メートル×2槽。

苛性注入ポンプ

(カセイチュウニュウポンプ)

2台 pH調整剤として着水井に注入する。平成22年度は注入実績なし。

 

ページの先頭へ戻る

 

お問い合わせ

所属課:土木部手取川水道事務所 

石川県白山市白山町336

電話番号:076-273-1305

ファクス番号:076-273-3630

Email:k-tedori@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?