• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2010年10月18日

排泥処理施設

    排泥処理施設には、排泥池、濃縮槽、天日乾燥床などがあります。
  沈でん池で発生した汚泥(スラッジ)は、排泥池に送られます。排泥池では、スラッジを一旦貯蔵し、濃縮槽に送るスラッジの量を調整します。
  濃縮槽では、送られてきたスラッジを時間をかけて沈降・濃縮させます。

 

排泥池

排泥池

濃縮槽

濃縮槽

     天日乾燥床では、濃縮槽で濃縮されたスラッジを天日により乾燥させます。乾燥したスラッジは、セメントの材料や学校のグランドの土として再利用しています。

 

天日乾燥床

天日乾燥床

 

発生汚泥量  参照

各設備の説明

施設・設備名 機能

排泥池

(ハイデイチ)

1池 沈でん池で発生した汚泥(スラッジ)を汚泥引抜弁で引き抜き、排泥池で一旦貯蔵する。また、濃縮槽に送るスラッジの量を調整する。

排泥池掻寄機

(ハイデイチカキヨセキ)

1基 逆円錐型構造の排泥池下部にあって、スラッジを掻寄板の回転により、池中央に掻き寄せる機械。

濃縮槽

(ノウシュクソウ)

2槽 排泥池から引き抜いたスラッジを汚泥掻寄機を回転させ、沈降・濃縮する。

濃縮槽掻寄機

(ノウシュクソウカキヨセキ)

2基(1基×2槽) 逆円錐型構造の濃縮槽下部にあって、スラッジを掻寄板の回転より、槽中央に掻き寄せる機械。

天日乾燥床

(テンピカンソウショウ)

29床 濃縮槽からスラッジをポンプやバキューム車で30cm程度打ち込み、約3ヶ月天日により乾燥させる。
乾燥汚泥は、セメントの材料や学校のグランドの土として再利用している。
床面積の合計は、約31,000平方メートル。


ページの先頭へ戻る

 

お問い合わせ

所属課:土木部手取川水道事務所 

石川県白山市白山町336

電話番号:076-273-1305

ファクス番号:076-273-3630

Email:k-tedori@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?