• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2019年6月23日

石川県立能楽堂

能舞台

 

石川県立能楽堂は、能楽文化の保存・継承及び振興の拠点として、昭和47年全国初の独立した公立能楽堂として開館しました。

   能舞台は、昭和7年に建てられた金沢能楽堂本舞台を移築したもので年月を経て落ち着いた趣に満ちています。                                    

         2019  Evening Noh Theater   (Noh  and  kyogen  performances)(PDF:1,634KB)

                     ほっと石川旅ネット(動画:石川県立能楽堂)(外部リンク)

                      いしかわの文化ギャラリー(動画:能楽の世界をご案内します)(外部リンク)  

1  石川県立能楽堂の概要

          本舞台 、見所   (固定席373席、升席26席、車椅子席2席)、楽屋(57畳敷)、第二舞台(舞台、25畳敷)、 休憩室(50席)、

     同時通訳・録画室、展示コーナー、図書コーナー  

          第三舞台(舞台、35畳敷)、楽屋、休憩室、茶室対青軒(8畳、水屋4畳、立礼席付き)、茶室犀庵(別棟、4.5畳台目、水屋4畳)

2   石川県立能楽堂  ご利用にあたって

  • 東京国立美術館工芸館移転に係る工事のため、正面入口から入場できません。

          (1) 成巽閣側の通路からお入りください。【令和元年5月21日(火)以降】(PDF:213KB)

   (2) 正面玄関から能楽堂事務室までの通路が6月3日(月)から通行できません。

     正面玄関からお入りいただきますようお願いいたします。 見学の皆様へ(PDF:25KB)

     工事期間中はご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

  •  能楽鑑賞等で石川県立能楽堂へ車(普通車)でお越しの皆様へ

      東京国立美術館工芸館移転に係る工事のため駐車場が使用できません。

 近くの石引駐車場(能楽堂から徒歩約3分)をご利用ください。石引駐車場の駐車券を事務室窓口に提示いただきますとサービス券(2時間無料券)をお渡ししています。  石引駐車場をご利用される場合は、時間に余裕を持っていただきますようお願いいたします。

3 能楽堂は、能楽、邦楽その他の伝統的芸術文化の保存及び県民文化の振興に資する目的でご利用いただけます。

  1. 使用申し込み等について(申し込み・変更・取消しなど)
  2. 使用料(料金表)
  3. 使用料・見学について
  4. 団体見学等について
  5. 使用許可申請書のダウンロード、使用許可申請書はダウンロードした用紙に記名押印したものを石川県立能楽堂まで郵送してください。 (直接、石川県立能楽堂までお越しいただき、窓口で申請していただいてもかまいません。)            

    令和元年9月30日まで使用分 【使用許可申請書 R1.9.30まで】(PDF:665KB)  

          令和元年10月1日以降使用分 【使用許可申請書 R1.10.1以降】(PDF:666KB) 

4 講座・教室  ◇◇能や狂言を楽しく学んでみませんか?

  • 親子謡・子供狂言教室

     夏休みの期間を利用して、能楽師の先生から能や狂言を楽しく学びます。

     対象は、小・中学生とその保護者で、初心者の方も大歓迎です。また、子供だけでのご参加も可能です。

     ご興味をお持ちの方は、ぜひご参加ください!

   ★親子謡教室

       親子で謡(能のセリフをうたったものです)を学びます。

       木曜コースと金曜コースの2教室を開講いたします。

 

       ≪木曜コース≫  曲名:「八島(やしま)」

                   講師:島村 明宏 師

                   日時:8月1・8・15・22日の10時~12時

       ≪金曜コース≫  曲名:「鶴亀(つるかめ)」

                   講師:高橋 右任 師

                   日時:8月2・9・16・23日の10時~12時

   ★子供狂言教室 

       笑いの演劇(コメディ)である狂言を学びます。

       狂言教室では、「小舞」という狂言の舞もいっしょに学ぶことができます。

 

                   曲名:「雷(かみなり)」

                     小舞謡:「兎(うさぎ)」、「宇治の晒(うじのさらし)」

                   講師:能村 裕丞 師

                   日時:7月23日、8月6・13・20日(すべて火曜日)の10時~12時

 

        各教室ともに  定員:各20名

                   発表会:8月24日(土)

                   申込方法:来館、郵便、電話、FAX、メールのいずれかで、

                          氏名(ふりがなも)・保護者名・住所・電話番号・学校名・学年・希望する教室

                          以上を明記のうえ、7月20日(土)までにお申し込みください。

                          ※前もってお休みする日が分かっている場合は、備考欄にご記入。

                   申込先:石川県立能楽堂 TEL・FAX:076-264-2598

                                   〒920-0935 金沢市石引4-18-3

                                   メール:noh@pref.ishikawa.lg.jp

                   親子謡・子供狂言教室チラシ(PDF:586KB)

 

  • 初めての謡教室

       初心者の方を対象に、4日間宝生流シテ方の講師より謡を学ぶことができます。

       この機会に石川の伝統芸能である能にふれてみませんか?興味をお持ちの方はぜひご参加ください。

       (※定員満了のため、申込は終了しております。)

          内容 能「鶴亀」の謡を学びます。

                日時 6月1日(土) 13:30~15:30

                        8日(土) 13:30~15:30

                                        15日(土) 13:30~15:30

                      22日(土) 10:00~12:00

                場所 石川県立能楽堂 別館2F 第3舞台

                対象 謡が初めての人~初級程度(高校生以上)

                受講料 無料

                発表会 7月13日(土) 開催予定 

                初めての謡教室チラシ(PDF:181KB)

5 観能の夕べ

  •   「観能の夕べ」が今年も石川県立能楽堂を会場に行われます。石川県では特に宝生流の能楽が盛んで「加賀宝生」と呼ばれるほど能楽が根付いています。公演前には、初めての方でもわかりやすい専門家による解説があります。開演は午後5時、開場は午後4時半です。
  • 令和元年7月6日(土)~8月31日(土) 午後5時開演(開場午後4時半) 各公演は千円、7/27特別公演は3千円
  • 能楽体験 一般公演の前に演目に関する能楽体験を行います、当日のチケットをご購入の方のみの参加可能。定員は各回20名(先着順) お申込み 石川県立能楽堂 電話 076-254-2698まで
  • 詳しくは観能の夕べホームページ

 

 6  中期経営目標

7 リンク

所在地 金沢市石引4-18-3  [地図](PDF:54KB)  
電話番号 (076)264-2598
FAX番号 (076)264-2598

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課:県民文化スポーツ部能楽堂 

石川県金沢市石引4-18-3

電話番号:076-264-2598

ファクス番号:076-264-2598

Email:noh@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?