• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 連絡先一覧 > 県民文化スポーツ部文化振興課 > 加賀藩と西洋音楽のはじめ「壮猶館」について

ここから本文です。

加賀藩と西洋音楽のはじめ「壮猶館」

加賀藩の藩校「壮猶館」

 金沢市広坂にある、現在の知事公舎横に「壮猶館」の門構えが残っています。souyuukan

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「壮猶館」は、長く外国との交流を制限してきた江戸時代の末、ペリーの来航(1853年)により外国の侵略に対する危機感を覚えた加賀藩が、西洋式の軍事力強化を図るため、1854年に設置した軍事総合学校です。

 「壮猶館」では、西洋式の軍事技術だけでなく、医学、数学、測量、航海術、合図法などの教育も行われており、合図法の中で太鼓やラッパによる西洋式の演奏(軍楽)を教科として教えていました。

 当時、幕府や他藩でも軍事学校が多く設置されましたが、現在、「壮猶館」より早い時期に軍楽を教えたという記録は見つかっておらず、「壮猶館」が日本ではじめて、西洋音楽を教えた学校である可能性があります。

壮猶館で使われていた教科書

 

  • 壮猶館歩兵稽古法 (金沢市立玉川図書館近世資料館蔵)

    壮猶館で使われていた歩兵のための教科書で、太鼓の合図で進軍することなどが記載されています。

    また、進退の動きや行軍の早さは、それぞれ太鼓の‘譜’で命令することとされています。 

    hoheikeikohou

  

  • 太鼓打方譜 (金沢市立玉川図書館近世資料館蔵)

     太鼓の打ち方の教科書です。‘○’や‘●’で打ち方が記されています。

    taikoutikatafu

 

 石川県立音楽堂でのパネル展示について

  石川県立音楽堂1階プロムナード、チケットボックスの横辺りのショーケース内において、壮猶館をPRする展示を行っています。

  どなたでもご覧いただくことができますので、お気軽に足をお運びください。

  ongakudoutenji1        ongakudoutenji2

 

 

 

お問い合わせ

所属課:県民文化スポーツ部文化振興課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1371

ファクス番号:076-225-1374

Email:e130700a@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?