• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2017年1月30日

野々江本江寺遺跡出土品

野々江本江寺遺跡出土品 4点

平安時代末 
石川県
石川県埋蔵文化財センター  金沢市中戸町18番地1

木製板碑  長193.0cm  幅30.5cm  厚12.0cm
木製笠塔婆 竿1  長190.6cm  幅17.9cm  厚13.3cm
木製笠塔婆 竿2  長207.0cm  幅15.7cm  厚12.0cm
木製笠塔婆 額  長69.5cm  幅19.4cm  厚2.0cm

K-9

県指定文化財   平成26年1月10日指定

    野々江本江寺(ののえぼんこうじ)遺跡は、珠洲市野々江町・熊谷町に所在し、珠洲市南部を北から南に流れる金川右岸の海岸段丘上に立地している。遺跡名にある本江寺は、明治7年(1874)の合併による野々江町成立まで存在した本江寺村に由来し、真言宗の「本江寺」と号する寺があったのでこの地名が付いたと『能登志徴』に記されている。
    発掘調査は県営ほ場整備事業に伴って平成18年度から平成19年度にかけて行われ、柱穴と小規模な溝等が確認され、平安時代から室町時代まで断続的に営まれた集落遺跡と考えられている。
    今回、指定する考古資料は平安時代末期の木製品4点である。内容は木製板碑(もくせいいたび)1点、木製笠塔婆(もくせいかさとうば)の竿2点、同じく額1点であり、低湿地を埋め立てたとみられている地点からまとまって出土した。
    木製板碑はヒノキ材で、頂部は山形、下部は切断されている。木製笠塔婆の竿1はスギ材で、頂部に臍(ほぞ)を、背面に溝を設ける。下部は切断されている。竿2はスギ材で、頂部が腐朽しているが、下部は遺存している。額はアスナロ材で、左右を欠損するが、上部の円相(えんそう)には梵字(ぼんじ)が刻まれており、下部は花弁形を呈する。竿1に取り付けられていた製品であることが確認されている。
    以上の出土品は、木製の出土例としては全国最古級のもので、中世の墓制や墓標の初源を考えるうえで極めて貴重な資料である。また、同時期の絵巻物である『餓鬼草紙』(がきぞうし・国宝)に描かれた木製とみられる板碑や笠塔婆とほぼ同一形態のものであり、その実物が全国で初めて出土したことから、『餓鬼草紙』は現実の墓地の風景を描いていることが裏付けられた。 
     このように、野々江本江寺遺跡出土品は、我が国の墓制史研究上きわめて重要な学術的資料であり、その文化財的価値は高く、有形文化財に指定し、その保存を図ることが必要である。

 

お問い合わせ

所属課:教育委員会文化財課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1841

ファクス番号:076-225-1843

Email:bunkazai@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?