• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2010年3月18日

山水蒔絵机・山水蒔絵料紙筥

山水蒔絵机(1脚)

江戸時代初期
  妙成寺  羽咋市滝谷町ヨ-1
  縦  93.6センチ  横  38.3センチ  高さ  25.1センチ

山水蒔絵机

重要文化財  昭和25年8月29日指定
  

  直截で均衡のとれた形態は簡素で美しい。表面の図柄は松・橘・椿等の茂る土坡と波を描き、繁みの中には巣立ち近い5羽の雛を育む親鶴を中心にして、舞飛ぶ鶴や、亀の遊ぶ水際などの明るい山水風景で、繊細巧妙な蒔絵の技法を駆使しながらも力強い豪華さがある。

一部金貝類の剥落しているのは惜しまれるが、松・波・下草・雲霞などや唐草蒔絵等図柄も良く技量も非凡で、むしろ桃山時代の雰囲気を偲ばせる逸品である。図中に葵の紋が散らされているが、別掲の同寺蔵、料紙筥と共に浩妙院の遺愛品である。

浩妙院は3代藩主前田利常と夫人天徳院との間に生まれた長女で、2代将軍徳川秀忠の養女となり、寛永3年(1626)に美作国津山侯森忠政の嫡子忠広に嫁したが、寛永7年(1630)、18才で没している。利常が愛娘の遺品を妙成寺に寄進したものといわれている。
昭和60年「石川県の文化財」より

 山水蒔絵料紙筥(1合)

江戸時代初期
  妙成寺  羽咋市滝谷町ヨ-1
  縦  29.7センチ  横  33.2センチ  高さ  11.8センチ
山水蒔絵料紙筥

重要文化財  昭和25年8月29日指定
  

長方形で切面取、印籠蓋造りの箱であり、直線的に構成された簡素で力強い形状である。蓋表から側面にかけての菊、桔梗、萩等、秋草の咲く土坡と流水の図柄には、美しい螺鈿や金銀の切金を鏤め、肉合研出蒔絵の精緻精巧な技法を駆使している。

内部や裏面は金梨子地である。加飾全般にわたり桃山時代の俤を偲ばせる優品で、特にりんどう、笹、下草や波等には特有の意匠力と際立った技術の冴を見せ、優美で力強い。

別掲の同寺所有の重要文化財山水蒔絵机と対であり、共に浩妙院の遺愛品として妙成寺に寄進されたものと思われる。
昭和60年「石川県の文化財」より

お問い合わせ

所属課:教育委員会文化財課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1841

ファクス番号:076-225-1843

Email:bunkazai@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?