• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 医療・福祉・子育て > 健康 > 感染症対策 > 肝炎対策の推進について > 肝がん・重度肝硬変患者が入院または通院等する医療機関と保険薬局の皆様へ

ここから本文です。

更新日:2021年4月16日

肝がん・重度肝硬変患者が入院または通院等する医療機関と保険薬局の皆様へ

石川県では、B型・C型肝炎ウイルスによる肝がん・重度肝硬変の治療にかかる医療費の一部を助成しています。

医療費の助成を受けるためには、保険医療機関において過去1年間で2月以上入院または通院し、助成を受けたい月に、指定医療機関に入院または通院していることなどが条件です。

肝がん・重度肝硬変により入院治療を行っている方がいる場合と、肝がんに対する通院治療※を行っている方がいる場合には、医療記録票の記載をお願いいたします。医療記録票については、医療記録票の交付・記載をご覧ください。

※通院治療の対象は肝がんの患者に対する「分子標的薬を用いた化学療法」または「肝動注化学療法」に係るものです。

指定医療機関については肝がん・重度肝硬変治療研究促進促進事業における指定医療機関についてをご覧ください。

制度の詳しい内容については肝がん・重度肝硬変の医療費の助成についてをご覧ください。

肝がん・重度肝硬変の患者さんへの対応

令和2年1月1日より指定医療機関以外の保険医療機関においても、医療記録票の記載及びカウントが可能になりました。また、令和3年4月1日より、保険薬局においても、記載を及びカウントを行うこととなりました。

肝がん・重度肝硬変患者の皆様が本事業による医療費の助成を適切に受けられるよう、肝がん又は非代償性肝硬変で入院される方や、肝がんで受診等されている方がいる場合には、医療記録票の記載をお願いいたします。

患者さんへの対応の詳細については、下記のマニュアル・資料集をご覧ください。

 医療記録票の交付・記載

肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業医療記録票(医療記録票)とは、肝がん・重度肝硬変の患者さんが保険医療機関または保険薬局において肝がん・重度肝硬変の医療を受けたことを記録するものです。  

医療記録票の交付

肝がん・重度肝硬変の患者さんが受診等される場合、患者さんに医療記録票を交付してください。

医療記録票は下記からダウンロードしてください。

肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業医療記録票(別紙様式6-1)(PDF:348KB)

医療記録票の記載

肝がん・重度肝硬変の患者さんから医療記録票を提示され、記載を求められた場合は、下記の資料を参考に必要事項を記載してください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課:健康福祉部健康推進課感染症対策室

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1438

ファクス番号:076-225-1444

Email:kennsui@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?