• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 連絡先一覧 > 白山自然保護センター > ブナオ山観察舎 > ブナオ山観察舎トピック > ブナオ山観察舎  トピック(令和元年12月21日~28日)

ここから本文です。

更新日:2020年1月14日

ブナオ山観察舎  トピック(令和元年12月21日~28日)

ワールドワイド?ブナオ

海外からのお客様も珍しくはない?観察舎。私たちスタッフは片言の英語と、写真や本などを駆使してガイドします。この年末はタイ、マレーシアと、暖かい国からのお客様が続きました。楽しみにしていた雪遊びが叶わず残念でしたが、冬芽の観察やネイチャークラフトを体験していただきました。日本の自然風景、よい思い出になったでしょうか?

20191222観察の様子
観察の様子(令和元年12月22日)
20191225クラフトにも挑戦
クラフト体験(令和元年12月25日)

20191225ファミリー
ファミリー(令和元年12月25日)

クラフト人気です

来年の干支「ネズミ」にちなんで、木の実でネズミ作りに挑戦してみませんか?耳とひげ、尻尾をつければ、クルミもドングリもネコヤナギも、かわいいネズミに変身します♪

20191228クラフト1
クラフト体験(令和元年12月28日)
20191227クラフト2
ネズミのクラフト色々(令和元年12月28日)
20191227クラフト3
ネズミのクラフト色々2(令和元年12月28日)

雪の上のあしあと

積雪の翌朝は小さな動物たちのあしあとがくっきり残っています。写真のあしあとの主は、ニホンザル。やや長めの五本指、親指が外側に反っているのが特徴です。この日は雪質と温度の条件が良く、肉球まではっきりと、雪の上に残っていました。

20191228サルの足跡1
サルの足跡のアップ(令和元年12月28日)
20191228サルの足跡2
サルの足跡(令和元年12月28日)

2020年はネズミ年

夜行性のネズミ、観察舎でお目にかかることはほとんどありませんが、住んでいる痕跡はしっかり見られます。この日は、本棚の奥にクラフトコーナーのクヌギを運んで食べたようです。来る2020年はネズミ年、ネズミについて少しずつ勉強してみようと思います。

20191227ネズミの食痕
ネズミの食痕(令和元年12月27日)
20191223干支企画
干支企画(令和元年12月23日)

イヌワシの若、現る

左右、そして尾羽根にくっきりと見える白い羽根。イヌワシの若鳥がブナオ山の空を飛びました。縄張りを守りながら生きるイヌワシ、このあたりでは初めて観察された若鳥であり、他の地域から侵入してきた可能性もあります。今後も目が離せません!

20191228イヌワシ若
イヌワシの若(令和元年12月28日)
旋回するイヌワシ若の動画(YouTube)(令和元年12月28日)

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

所属課:生活環境部白山自然保護センター 

石川県白山市木滑ヌ4

電話番号:076-255-5321

ファクス番号:076-255-5323

Email:hakusan@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?