• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2019年2月28日

被災者生活再建支援制度

災者生活再建支援法に基づき、自然災害により著しい被害を受けた方を対象に、生活の再建を支援することを目的として、各都道府県が相互扶助の観点から拠出した基金をもとに、被災者生活再建支援金が支給されます。
成19年の法改正により、支援金は、住居の被害程度と再建方法に応じて、定額・渡し切りとされ、使途の制限もありません。また、世帯主の年齢や所得による制限はなく、一定以上の被害を受けた被災世帯全てが対象です。 

対象となる自然災害

援制度の対象となる自然災害は次のとおりです。支援制度が適用されたときは、県からの告示等によってお知らせします。 

  1. 災害救助法施行令(外部リンク)第1条第1項第1号又は第2号に該当する被害が発生した市町村
  2. 10世帯以上の住宅全壊被害が発生した市町村
  3. 100世帯以上の住宅全壊被害が発生した都道府県
  4. 1.又は2.の市町村を含む都道府県で、5世帯以上の住宅全壊被害が発生した市町村(人口10万人未満に限る)
  5. 1.から3.の区域に隣接し、5世帯以上の住宅全壊被害が発生した市町村(人口10万人未満に限る) 
  6. 1.から3.の市町村を含む都道府県が全国で2以上ある災害で、5世帯以上の住宅全壊被害が発生した市町村(人口10万人未満に限る)及び2世帯以上の住宅全壊被害が発生した市町村(人口5万人未満に限る)

支援金について

支給対象世帯

  • 全壊世帯
  • 大規模半壊世帯
  • 半壊解体世帯 (住宅が半壊し、やむを得ず解体した世帯)
  • 敷地被害解体世帯 (住宅の敷地に被害が生じ、やむを得ず解体した世帯)
  • 長期避難世帯 (災害による危険な状態が継続し、その住宅に居住不能な状態が長期間継続している世帯)

お知らせ

半壊解体世帯、敷地被害解体世帯、長期避難世帯には、全壊世帯と同様の支援金が支給されます。

支給額

支給額の一覧表

住宅の再建方法

基礎支援金

加算支援金

合計

全壊世帯 建設・購入

100万円

(75万円)

200万円

(150万円)

300万円

(225万円)

全壊世帯 補修

100万円

(75万円)

100万円

(75万円)

200万円

(150万円)

全壊世帯 賃貸

100万円

(75万円)

50万円

(37.5万円)

150万円

(112.5万円)

大規模半壊世帯 建設・購入

50万円

(37.5万円)

200万円

(150万円)

250万円

(187.5万円)

大規模半壊世帯 補修

50万円

(37.5万円)

100万円

(75万円)

150万円

(112.5万円)

大規模半壊世帯 賃貸

50万円

(37.5万円)

50万円

(37.5万円)

100万円

(75万円)

※上段:2人以上の世帯 (下段:1人の世帯) 

支援金の種類

  • 基礎支援金:住宅が被害を受けた場合に、被害程度に応じて支給
  • 加算支援金:住宅を再建する場合に、再建方法に応じて支給

その他

ページの先頭へ戻る

 

お問い合わせ

所属課:危機管理監室危機対策課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1482

ファクス番号:076-225-1484

Email:e170700@pref.ishikawa.lg.jp