• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > くらし・教育・環境 > 自然 > 生物多様性 > 県庁舎で営巣しているハヤブサについて > 平成30年 県庁舎で営巣しているハヤブサのヒナの成長について

ここから本文です。

更新日:2018年6月28日

平成30年 県庁舎で営巣しているハヤブサのヒナの成長について

 平成30年は、3月23日(金曜日)までに5個の産卵を確認し、4月24日(火曜日)には5個全てが、ふ化したことを確認しました。

3年連続で5個の産卵、5羽のヒナが誕生したのは、全国的にも稀なことです。※通常は、3~4個の産卵

5月29日(火曜日)から6月3日(日曜日)にかけてとヒナの巣立ちが確認されました。

その後のハヤブサのヒナや親たちの様子について、ご紹介します。

 なお、ヒナ保護の観点から、営巣場所などは非公開とさせていただきます。

 

平成30年6月5日(火曜日)

ハヤブサの親。翼の裏側を見ることができました。 

 

 県庁で営巣していたハヤブサの親(平成30年6月5日撮影)

県庁で営巣していたハヤブサの親(YouTube)(平成30年6月5日撮影、動画 約34秒)(外部リンク)

 

 

平成30年6月9日(土曜日)

ちょっと暑い日。ヒナたちは日陰で休んでいる様子。 

 

 日陰で休む2羽のハヤブサのヒナ(平成30年6月9日撮影)

日陰で休む2羽のハヤブサのヒナ(平成30年6月9日撮影)

 

平成30年6月14日(木曜日)

だんだん飛ぶのがうまくなり、ヒナたちの行動圏も広がってきたのでしょうか。2羽そろってのヒナを見たのは数日ぶりです。 

 

 ハヤブサのヒナ2羽そろって観察できたのは数日ぶり(平成30年6月14日撮影)

ハヤブサのヒナ2羽そろって観察できたのは数日ぶり(YouTube)(平成30年6月14日撮影、動画 約35秒)(外部リンク)

 

平成30年6月18日(月曜日)

 ハヤブサのヒナがエサを食べる様子。

 

ハヤブサのヒナがエサを食べる様子(平成30年6月18日撮影)

ハヤブサのヒナがエサを食べる様子(YouTube)(平成30年6月18日撮影、動画 約36秒)(外部リンク)

 

平成29年6月21日(木曜日)

ヒナは、うまく飛ぶことができるようになりました。今日は、親といっしょに飛び回っていました。羽根の色から前を飛ぶのが親、後ろがヒナだと思われます。

 

飛び回るハヤブサの親子(平成30年6月21日撮影)

 飛び回るハヤブサの親子(平成30年6月21日撮影)

 

 

 

お問い合わせ

所属課:生活環境部自然環境課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1476

ファクス番号:076-225-1479

Email:e170500@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?