• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化・芸術 > 文化財 > 石川の文化財 > 書跡・典籍(県指定) > 小松天満宮連歌書・版本 如意虚空蔵菩薩陀羅尼経

ここから本文です。

更新日:2010年4月21日

小松天満宮連歌書・版本 如意虚空蔵菩薩陀羅尼経

小松天満宮連歌書 (15点)

室町~江戸時代
小松天満宮  小松市天神町1

 

小松天満宮連歌書

県指定文化財  昭和57年1月12日指定

 

松天満宮は、小松城に隠退した加賀藩3代の藩主前田利常が、明暦3年(1657)に建立した神社で、京都の北野天満宮から能順を招いて別当とし、社領100石・月次連歌料30石を寄進した。それより歴代藩主も深く崇敬して明治維新に及んだ。別当の能順は、近世における連歌道の第一人者で、京都及び小松において連歌の指導にあたり、子孫は世襲して神勤し、御祈祷の連歌を勤めた。かような所縁により神社には能順遺愛の連歌書を多数伝来する。享徳2年(1453)の千句をはじめとする宗砌関係のもの、明応8年(1499)の宗祇独吟百韻をはじめとする宗祇関係のものなど、中世のものには前田利常の寄進にかかる貴重なものが多い。また近世の明暦2年(1656)の百韻や元禄9年(1696)の能順の独吟のごときは、小松天満宮の連歌を示すものとして注目される。以上のごとく、中世より近世にかけての連歌書は学術的価値も高く、小松天満宮に伝来するところに意義も深い。写真は享徳2年千句の巻頭の部分。六角専順の筆と伝える。
昭和60年「石川の文化財」より

 

版本 如意虚空蔵菩薩陀羅尼経 (1巻)

文和2年(1353)
個人  白山市
紙高25.2センチ  6紙継ぎ  全長278センチ1行17字あて摺印

 

版本 如意虚空蔵菩薩陀羅尼経

県指定文化財  昭和58年1月25日指定

如意虚空蔵菩薩陀羅尼経」(如意虚空蔵経)は、虚空蔵菩薩の求聞持の真言とその功徳を説いた経典である。巻子装、全一巻で、その刊記に 文和二年  歳次  癸巳  正月十三日   
        勧進沙門石動山  竹林坊重胤   
        大願主同山佛蔵坊賢海
とあり、南北朝前期の文和2年(1353)に、能登石動山で刊行されたものであることが知られる。また巻首に、奉納当時に押されたと思われる虚空蔵菩薩の印仏と、「奉施入石動山佛蔵坊」の黒印がある。南北朝の動乱(建武2年《1335》)で石動山天平寺の伽藍が焼け落ちてから18年目の開版である。虚空蔵菩薩は、石動山の主神伊須流岐比古神の本地仏とされており、中世の石動山虚空蔵信仰の重要な史料であるとともに、能登における年代の確認できる最も古い刊行物であり、出版文化史のうえでも重視されるべきである。
昭和60年「石川の文化財」より   

 

お問い合わせ

所属課:教育委員会文化財課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1841

ファクス番号:076-225-1843

Email:bunkazai@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?