• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2010年9月21日

法皇山横穴古墳・狐山古墳

法皇山横穴古墳

古墳時代後期~末期
加賀市勅使町(加賀市管理)
指定面積  1万3199.56平方メートル 

3-1.gif
国指定史跡  昭和4年12月17日指定

勅使町の南、通称「法皇山」と呼ばれる比高40メートルばかりの凝灰岩質の丘陵にある。横穴はその山腹を取り巻くように穿たれ、79基が確認されている。横穴は長い長方形の玄室の前に、横長の前室を設け、玄室断面形は家屋の内部をおもわせる屋根形をとった壮大で、精巧なものが多い。副葬品には刀・鏃・金環・ガラス小玉・須恵器・土師器等がある。
これらの横穴は6世紀後半から7世紀末頃(古墳時代後期~末期)にかけ築造されたもので、6世紀以降急速に成長してきた有力家族層が、江沼地域を拠点とする国造勢力に組み込まれ、政治的統合を深めた証として形成されたものであろう。
現在、史跡公園として整備され、出土品は隣接する収蔵庫に展示されている。
昭和60年「石川県の文化財」より

 

狐山古墳

古墳時代中期
加賀市二子塚町(加賀市管理)
指定面積  2500平方メートル

3-2.gif
国指定史跡  昭和7年4月19日指定

二子塚町の北方200メートルの水田中にある5世紀半(古墳時代中期)の前方後円墳。前方部を西に向け作られており、全長54メートル、後円部径29メートル、前方部幅25メートルを測る。周囲には幅10メートル前後の濠が確認されている。
昭和7年(1932)、土取り工事によって、後円部から凝灰岩の切り石を組み合わせた箱式石棺が発見された。棺内からは壮年男子の遺骨とともに、江沼の地に君臨した王者にふさわしい鏡や装身具(銀製帯金具・金銅製丸玉・勾玉・管玉・小玉)をはじめ、武器・武具(甲冑・直刀・剣・矛・鏃)などおびただしい量の副葬品が出土した。また、昭和48年(1973)から49年(1974)にかけ石川県や加賀市が実施した発掘調査では、周濠内より人物埴輪や円筒埴輪などを検出し、同古墳を取り巻くように分布する36基以上の古墳が確認されている。
露出した箱式石棺はさや堂でおおい、副葬品は併設された保存庫に収納されている。
昭和60年「石川県の文化財」より

 

お問い合わせ

所属課:教育委員会文化財課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1841

ファクス番号:076-225-1843

Email:bunkazai@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?