• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 医療・福祉・子育て > 健康 > 感染症対策 > 感染性胃腸炎について

ここから本文です。

更新日:2018年11月13日

感染性胃腸炎について

感染性胃腸炎とは

細菌またはウイルスなどの感染性病原体による嘔吐、下痢を主症状とする感染症です。

原因は、ウイルス感染(ノロウイルス、ロタウイルスなど)が多く、毎年、秋から冬にかけて流行します。

ノロウイルスによる感染性胃腸炎

ノロウイルスとは

ノロウイルスは人の小腸粘膜で増殖するウイルスです。
11月から3月にかけて流行し、感染すると胃腸炎を起こします。
症状は、吐き気、嘔吐、下痢、発熱が主症状です。
人から人へ感染する場合と食品から感染する場合があります。

人から人への感染を予防するポイント

  • 人から人への感染では、ウイルスが手などに付いて口に入る場合と吐物の飛散からうつる場合があります。
  • 感染予防のために手指に付着しているウイルスを減らす最も有効な対策は手洗いです。トイレを使用した後、調理の前、食事の前には必ず石けんで十分手洗いをしましょう。
  • 患者のふん便や吐ぶつを処理するときは、部屋の換気を行いながら使い捨てのマスクとビニール手袋を着用し、ペーパータオル等でふき取ります。
  • 吐ぶつ、ふん便が付着した床等は、塩素系消毒剤(次亜塩素酸ナトリウム)で浸すようにふき取ります。ふき取ったペーパータオル等はビニール袋に入れて密封して廃棄します。
    おう吐物の処理方法(PDF:47KB)消毒液の作り方(PDF:12KB)
  • ノロウイルスは乾燥すると、容易に空中に漂い、これが口に入って感染することがあるので、吐ぶつやふん便は乾燥させないことが感染防止に重要です。
  • 吐ぶつやふん便に直接触れたときは、石鹸で十分に手を洗いましょう。
  • 物の片付けが終わったら、よく手を洗い、うがいをしましょう。

食品からの感染(食中毒)を予防するポイント

  • カキなどの二枚貝は、中心部まで十分に加熱してから食べましょう(湯通し程度の加熱ではウイルスは死滅しません。食品の中心温度85~90℃で90秒以上の加熱が必要です。)。
  • 生鮮食品(野菜や果物など)は、調理前に流水で十分に洗いましょう。
  • 手指や調理器具などの洗浄を徹底しましょう。
  • (参考)「ノロウイルスによる感染症・食中毒の予防について」(石川県健康福祉部薬事衛生課食品安全対策室)

参考

<石川県健康福祉部>

<厚生労働省ホームページ>

 <国立感染症研究所感染症情報センターホームページ>

ロタウイルスによる感染性胃腸炎

ロタウイルスとは

ロタウイルスは、乳幼児の急性重症胃腸炎の主な原因ウイルスとして知られています。

3月から5月にかけて乳幼児を中心に胃腸炎の流行が起こります。

水様性の下痢や嘔吐が繰り返し起こり、 人から人へ感染します。

人から人への感染を予防するポイント

  • 感染を広げないようにするには、オムツの適切な処理、手洗いの徹底などが必要です。
  • 日本では、2種類のロタウイルスのワクチン(1価と5価)が承認されていて、任意で接種を受けることができます。対象者はいずれのワクチンも乳児であり、具体的な接種期間は、1価ロタウイルスワクチン(2回接種)の場合は生後6~24週の間、5価ロタウイルスワクチン(3回接種)の場合は生後6~32週の間です。ただし、どちらのワクチンも1回目の接種は14週6日までが推奨されます。詳細については、医療機関でご相談ください。

参考

 <厚生労働省ホームページ>

 <国立感染症研究所感染症情報センターホームページ>

感染性胃腸炎の発生状況

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課:健康福祉部健康推進課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1436

ファクス番号:076-225-1444

Email:kennsui@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?