• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > くらし・教育・環境 > 生活 > 県税 > 県税Q&A > 自動車税(環境性能割・種別割) > 自動車税(環境性能割)の税率及び特例措置

ここから本文です。

更新日:2021年4月1日

自動車税(環境性能割)の税率及び特例措置

1.税率

(1)電気・燃料電池・天然ガス・プラグインハイブリッド自動車(PHV)

(2)ガソリン自動車

    ・乗用車

    ・車両総重量2.5トン以下バス

    ・車両総重量2.5トン超3.5トン以下バス

(3)石油ガス(LPG)自動車

    ・乗用車

(4)軽油自動車

    ・乗用車

    ・車両総重量2.5トン超3.5トン以下バス

    ・車両総重量3.5トン超バス・トラック

2.バリアフリー対応バス・タクシーの取得に係る特例措置

3.先進安全自動車(ASV)の取得に係る特例措置

1.税率

新車・中古車を問わずに、自動車の環境性能に応じて登録車は0~3%、軽自動車は0~2%の税率が設定されています。

詳細は、以下の表を参照してください。

※令和元年10月1日から自家用乗用車に適用されている臨時的軽減措置については、令和3年度税制改正により、令和3年12月31日までに延長されました。

※令和2年度までクリーンディーゼル車は構造要件により非課税でしたが、令和3年度税制改正により、令和12年度燃費基準の下でガソリン車と同等に扱うこととなりました。ただし、市場への配慮等の観点も踏まえ、令和3年4月1日~令和5年3月31日までに取得したクリーンディーゼル車については、激変緩和措置が講じられています。

※軽自動車税(環境性能割)については市町村税となりますが、当分の間、県が賦課徴収をおこないます。

 

(1)電気・燃料電池・天然ガス・プラグインハイブリッド自動車(PHV)

 

車種 自動車の種類及び税率(%)
登録車 軽自動車
自家用 営業用 自家用 営業用
電気自動車・燃料電池自動車

非課税

一定の排出ガス性能を備えた天然ガス自動車(※)

非課税

プラグインハイブリッド自動車(PHV)

非課税

-

※一定の排出ガス性能を備えた天然ガス自動車とは、平成30年排出ガス規制適合または平成21年天然ガス車基準(車両総重量が3.5トン超12トン以下のものについては平成22年10月1日以降に適用されるもの)より10%以上窒素酸化物(NOx)の排出を低減したものをいいます。 

※プラグインハイブリッド自動車(PHV)は、登録車のみになります。

(2)ガソリン自動車(ハイブリッド自動車を含む)

乗用車 (乗車定員10人以下)

 

排出ガス性能・燃費基準 自動車の種類及び税率(%)
登録車 軽自動車
自家用 営業用 自家用 営業用
平成30年排出ガス規制適合+50%NOx低減または
平成17年排出ガス規制適合+75%NOx低減
  
   かつ令和12年度燃費基準85%達成
(平成22年度燃費基準+84%達成)
(令和2年度燃費基準+23%達成)
かつ令和2年度燃費基準達成
(平成22年度燃費基準+50%達成)

非課税

かつ令和12年度燃費基準75%達成
(平成22年度燃費基準+62%達成)
(令和2年度燃費基準+9%達成)

非課税

非課税

かつ令和12年度燃費基準65%達成
(平成22年度燃費基準+41%達成)
(令和2年度燃費基準94%達成)

1.0

0.5

非課税

0.5

かつ令和12年度燃費基準60%達成
(平成22年度燃費基準+30%達成)
(令和2年度燃費基準87%達成)

1.0

1.0

非課税

0.5

かつ令和12年度燃費基準55%達成
(平成22年度燃費基準+19%達成)
(令和2年度燃費基準80%達成)

2.0

2.0

1.0

1.0

上記以外

2.0

2.0

1.0

2.0

※令和3年12月31日までに取得した自家用乗用車については、税率が1%軽減されます。(着色部分が軽減後の税率になります。)

※令和2年度燃費基準については、平成32年度燃費基準と同様の扱いになります。

※令和12年度または令和2年度基準エネルギー消費効率を算定していない自動車については、( )内の燃費基準に読み替えて算定します。

車両総重量2.5トン以下バス

 

排出ガス性能・燃費基準 税率(%)
自家用 営業用
平成30年排出ガス規制適合+50%NOx低減または
平成17年排出ガス規制適合+75%NOx低減
  
   かつ令和2年度燃費基準+5%達成
(平成22年度燃費基準+57%達成)

非課税

かつ令和2年度燃費基準達成
(平成22年度燃費基準+50%達成)

1.0

0.5

かつ平成27年度燃費基準+15%達成
(平成22年度燃費基準+44%達成)

2.0

1.0

上記以外

3.0

2.0

※JC08モードの燃費値を算定していない自動車については、( )内の平成22年度燃費基準に読み替えて算定します。

 

車両総重量2.5トン以下トラック

 

排出ガス性能・燃費基準 自動車の種類及び税率(%)
登録車 軽自動車
自家用 営業用 自家用 営業用
平成30年排出ガス規制適合+50%NOx低減または
平成17年排出ガス規制適合+75%NOx低減
  
   かつ平成27年度燃費基準+25%達成
(平成22年度燃費基準+57%達成)

非課税

かつ平成27年度燃費基準+20%達成
(平成22年度燃費基準+50%達成)

1.0

0.5

1.0

0.5

かつ平成27年度燃費基準+15%達成
(平成22年度燃費基準+44%達成)

2.0

1.0

2.0

1.0

上記以外

3.0

2.0

2.0

2.0

※JC08モードの燃費値を算定していない自動車については、( )内の平成22年度燃費基準に読み替えて算定します。

 

車両総重量2.5トン超3.5トン以下バス

 

排出ガス性能・燃費基準 税率(%)
自家用 営業用
平成30年排出ガス規制適合+50%NOx低減または
平成17年排出ガス規制適合+75%NOx低減
  
   かつ令和2年度燃費基準達成

非課税

非課税

かつ平成27年度燃費基準+15%達成
かつ平成27年度燃費基準+10%達成

1.0

0.5

かつ平成27年度燃費基準+5%達成

2.0

1.0

平成30年排出ガス規制適合+25%NOx低減または
平成17年排出ガス規制適合+50%NOx低減
  
   かつ令和2年度燃費基準達成

非課税

非課税

かつ平成27年度燃費基準+15%達成

1.0

0.5

かつ平成27年度燃費基準+10%達成

2.0

1.0

上記以外

3.0

2.0

 

車両総重量2.5トン超3.5トン以下トラック

 

排出ガス性能・燃費基準 税率(%)
自家用 営業用
平成30年排出ガス規制適合+50%NOx低減または
平成17年排出ガス規制適合+75%NOx低減
  
   かつ平成27年度燃費基準+15%達成

非課税

非課税

かつ平成27年度燃費基準+10%達成

1.0

0.5

かつ平成27年度燃費基準+5%達成

2.0

1.0

平成30年排出ガス規制適合+25%NOx低減または
平成17年排出ガス規制適合+50%NOx低減
  
   かつ平成27年度燃費基準+20%達成

非課税

非課税

かつ平成27年度燃費基準+15%達成

1.0

0.5

かつ平成27年度燃費基準+10%達成

2.0

1.0

上記以外

3.0

2.0

 

(3)石油ガス(LPG)自動車(ハイブリッド自動車を含む)

乗用車(乗車定員10人以下)

 

排出ガス性能・燃費基準 税率(%)
自家用 営業用
平成30年排出ガス規制適合+50%NOx低減または
平成17年排出ガス規制適合+75%NOx低減
  
   かつ令和12年度燃費基準85%達成
(平成22年度燃費基準+84%達成)
(令和2年度燃費基準+23%達成)
かつ令和2年度燃費基準達成
(平成22年度燃費基準+50%達成)

非課税

かつ令和12年度燃費基準75%達成
(平成22年度燃費基準+62%達成)
(令和2年度燃費基準+9%達成)

非課税

非課税

かつ令和12年度燃費基準65%達成
(平成22年度燃費基準+41%達成)
(令和2年度燃費基準94%達成)

1.0

0.5

かつ令和12年度燃費基準60%達成
(平成22年度燃費基準+30%達成)
(令和2年度燃費基準87%達成)

1.0

1.0

上記以外

2.0

2.0

※令和3年12月31日までに取得した自家用乗用車については、税率が1%軽減されます。(着色部分が軽減後の税率になります。)

※令和2年度燃費基準については、平成32年度燃費基準と同様の扱いになります。

※令和12年度または令和2年度基準エネルギー消費効率を算定していない自動車については、( )内の燃費基準に読み替えて算定します。

 

(4)軽油自動車(ハイブリッド自動車を含む)

乗用車

 

排出ガス性能・燃費基準 税率(%)
自家用 営業用
平成30年排出ガス規制適合または
平成21年排出ガス規制適合
  
   かつ令和12年度燃費基準85%達成
(平成22年度燃費基準+84%達成)
(令和2年度燃費基準+23%達成)
かつ令和2年度燃費基準達成
(平成22年度燃費基準+50%達成)

非課税

非課税

かつ令和12年度燃費基準75%達成
(平成22年度燃費基準+62%達成)
(令和2年度燃費基準+9%達成)

非課税

非課税

かつ令和12年度燃費基準65%達成
(平成22年度燃費基準+41%達成)
(令和2年度燃費基準94%達成)

非課税

非課税

かつ令和12年度燃費基準60%達成
(平成22年度燃費基準+30%達成)
(令和2年度燃費基準87%達成)

非課税

非課税

上記以外

非課税

非課税

上記以外

2.0

2.0

※激変緩和措置適用後の令和3年4月1日~令和4年3月31日までに取得する乗用車の税率です。

※令和3年12月31日までに取得した自家用乗用車については、税率が1%軽減されます。(着色部分が軽減後の税率になります。)

※令和12年度または令和2年度基準エネルギー消費効率を算定していない自動車については、( )内の燃費基準に読み替えて算定します。

 

車両総重量2.5トン超3.5トン以下バス

 

排出ガス性能・燃費基準 税率(%)
自家用 営業用
平成30年排出ガス規制適合または
平成21年排出ガス規制適合+10%NOx及びPM低減
  
   かつ令和2年度燃費基準達成

非課税

非課税

かつ平成27年度燃費基準+15%達成
かつ平成27年度燃費基準+10%達成

1.0

0.5

かつ平成27年度燃費基準+5%達成

2.0

1.0

平成21年排出ガス規制適合

  
   かつ令和2年度燃費基準達成

非課税

非課税

かつ平成27年度燃費基準+15%達成

1.0

0.5

かつ平成27年度燃費基準+10%達成

2.0

1.0

上記以外

3.0

2.0

 

車両総重量2.5トン超3.5トン以下トラック

 

排出ガス性能・燃費基準 税率(%)
自家用 営業用
平成30年排出ガス規制適合または
平成21年排出ガス規制適合+10%NOx及びPM低減
  
   かつ平成27年度燃費基準+15%達成

非課税

非課税

かつ平成27年度燃費基準+10%達成

1.0

0.5

かつ平成27年度燃費基準+5%達成

2.0

1.0

平成21年排出ガス規制適合   
   かつ平成27年度燃費基準+20%達成

非課税

非課税

かつ平成27年度燃費基準+15%達成

1.0

0.5

かつ平成27年度燃費基準+10%達成

2.0

1.0

上記以外

3.0

2.0

 

車両総重量3.5トン超バス・トラック

 

排出ガス性能・燃費基準 税率(%)
自家用 営業用
平成28年排出ガス規制適合または
平成21年排出ガス規制適合+10%NOx及びPM低減
  
   かつ平成27年度燃費基準+10%達成

非課税

非課税

かつ平成27年度燃費基準+5%達成

1.0

0.5

かつ平成27年度燃費基準達成

2.0

1.0

上記以外

3.0

2.0

 

ページの先頭へ戻る

2.バリアフリー対応バス・タクシーの取得に係る特例措置

 取得の時期:令和3年4月1日~令和5年3月31日

対象となる自動車
(新車に限る)
取得価額からの控除額
路線バス・一般貸切バス等 ノンステップバス

1,000万円

リフト付きバス
(乗車定員30人以上)
空港アクセスバス

800万円

その他

650万円

リフト付きバス
(乗車定員30人未満)

200万円

ユニバーサルデザインタクシー

100万円

※提出される申告書又は修正申告書に上記特例措置を受ける旨の記載がある場合に限り適用します。

ページの先頭へ戻る

3.先進安全自動車(ASV)の取得に係る特例措置

 

搭載している装置 対象となる自動車
(新車に限る)
車両総重量 適用期間
(取得の時期)
取得価額からの控除額

・車両安定性制御装置
・衝突被害軽減制動制御装置
・車線逸脱警報装置
・側方衝突警報装置
(4装置搭載)

トラック
(トラクタ、トレーラー除く)
8トン超20トン以下 令和3年4月1日~
令和3年10月31日

525万円

・車両安定性制御装置
・衝突被害軽減制動制御装置
・車線逸脱警報装置
(3装置搭載)
トラック
(トラクタ、トレーラー除く)
3.5トン超20トン以下 ~令和3年10月31日

350万円

バス等 5トン超12トン以下
・衝突被害軽減制動制御装置
・車線逸脱警報装置
(2装置搭載)
バス等 5トン以下
・側方衝突警報装置
(1装置搭載)
トラック
(トレーラー除く)
8トン超 令和3年4月1日~
令和5年3月31日

175万円

※提出される申告書又は修正申告書に上記特例措置を受ける旨の記載がある場合に限り適用します。

※バス等は専ら人の運送の用に供する自動車で、乗車定員が10人以上であるもの(立席のないもの)に限ります。

(乗車定員10人の乗用の用に供する自動車も含みます。)

※5トン以下のバス等については、車両安定性制御装置が全車両義務付けとなっています。

ページの先頭へ戻る

 

自動車税(種別割)のグリーン化特例について

 

お問い合わせ

所属課:総務部税務課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1273

ファクス番号:076-225-1275

Email:cartax@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?