• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化・芸術 > 文化財 > 石川の文化財 > 彫刻(国指定) > 木造不動明王坐像・木造阿弥陀如来坐像

ここから本文です。

更新日:2010年9月13日

木造不動明王坐像・木造阿弥陀如来坐像

木造  不動明王坐像  護摩堂安置(1躯)

平安時代後期
法華寺  鳳珠郡能登町字柳田ラ-87
像高  87.2センチ  光背高  139.3センチ

不動明王坐像
重要文化財  昭和25年8月29日指定

法華寺は、真言宗に属する古刹で、古くは薬師寺と称したが、火災のため廃絶し、大永2年(1522)に再興され、その折に法華寺と改称したと伝えられる。
この像は、当寺の護摩堂に安置されており、檜材、寄木造、彫眼で、彩色の痕跡がある。頭頂に花形の莎髻を頂き、弁髪は左頬から首にそって左肩前に垂れる。眉は太くていかめしく、天地眼は上天と下界を看破し、唇は上下に強くかみ合わせ、歯牙を左右上下にむき出すなど、厳しい降魔相である。両肩は強く張って、左手に羂索、右手に宝剣を持ち、右足を上にして岩座の上に結跏趺坐する威容である。頭部は小さめで、体躯や胸・腹のふくらみもひかえめであり、条帛などのひだの彫りもやや浅いが、むだのない迫力感に注目される。作風より、年代は平安時代後期と考えられる。
昭和60年「石川県の文化財」より

 

木造 阿弥陀如来坐像(1躯)

平安時代後期
正覚院  羽咋市寺家町ト-92
像高  110.0センチ  台高  75センチ

阿弥陀如来坐像の画像
重要文化財  昭和25年8月29日指定

正覚院は、真言宗に属する寺で、もとは気多神宮寺の一院であった。この阿弥陀如来坐像は、かつて気多大神宮寺の講堂の本尊であったが、明治初年の神仏分離により、社僧の長福院・地蔵院・薬師院などが廃退したため、ただ一つ残存した正覚院に移され、今日に至っている。
檜材、寄木造で、内刳りを施し、眼は彫眼。白亳は水晶。漆箔は後補。上品上生の阿弥陀定印を結び、結跏趺坐し、相好はやさしく温雅で、衣文線は整理されて彫りが浅くなり、膝は広くて低い。台座は、葺上げ魚鱗蓮花で平安時代後期の特徴・様式にかなった佳作である。
胎内の修理銘により、元和2年(1616)に顔や光背が修理されたことがわかる。台座の敷茄子以下は、昭和10年(1935)の補修である。
昭和60年「石川県の文化財」より

 

お問い合わせ

所属課:教育委員会文化財課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1841

ファクス番号:076-225-1843

Email:bunkazai@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?