• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2013年8月14日

七ヶ用水

七ヶ用水の概要

  大日川ダムの代表的な受益地域として手取扇状地があります。手取扇状地の中心には手取川が流れ、右岸地域約6,500haの農地を七ヶ用水がうるおしています。七ヶ用水は富樫、郷、中村、山島、大慶寺、中島、新砂川の七つの用水が合併したもので、明治36年に設立されました。手取川の白山堰堤から取水を行い、農業用水だけでなく発電、防火用水、融雪用水などにも利用されています。

用水関係図

七ヶ用水誕生の歴史

  七ヶ用水の誕生は、江戸時代末期に枝権兵衛、小山良左衛門によって行われた、富樫用水の改修がきっかけと言われています。その頃の取水口は、七つの用水がそれぞれ手取川に堰を築き取水していましたが、夏の日照りが続くと水不足となり、また洪水のたびに堰や取入口が壊されるといった被害に、農民たちは大変困っていました。富樫用水の改修は1年中水がたまっている安久涛ヶ淵(あくどがふち)、現在の白山市白山町から300mのトンネルで取水するというもので、明治2年に完成しました。
  明治31年、明治の大改修といわれた合口事業に着手しました。合口事業は手取川の氾濫を防ぎ、安定した水量を確保するため、七つの用水の取水口を合併するというものでした。この明治の大改修は枝権兵衛らが行った事業が参考となり、手取川の安久涛ヶ淵に大水門、3つの隧道、7.8kmの幹線水路が整備されました。  明治36年、事業の完成と同時に手取川七ヶ用水普通水利組合が組織され、現在の七ヶ用水が誕生しました。

明治36年七ヶ用水取水口の写真
明治36年七ヶ用水取水口

昭和の大改修と大日川ダム

  昭和9年、未曾有の大洪水により手取川の川底が低くなったため、取水口を大水門の上流700mに移しました。その後、農林省(現在は農林水産省)が戦後の食糧増産を打ち出し、大日川ダムが計画されました。大日川ダムは夏期の用水確保として期待されましたが、七ヶ用水の幹線、支線水路の水漏れがひどく、改修が必要となっている状態でした。昭和40年、昭和の大改修と呼ばれる水路改修に取り組み、昭和57年に完成しました。昭和の大改修と大日川ダムの完成により、水不足に悩むことは無くなりました。

手取川に設置された白山堰堤の写真
手取川に設置された白山堰堤

七ヶ用水に関する詳しい情報はこちらのホームページをご覧下さい。
手取川七ヶ用水土地改良区ホームページ  http://www.shichika.or.jp/(外部リンク)

ページの先頭へ戻る

 

お問い合わせ

所属課:農林水産部大日川ダム管理事務所 

石川県白山市阿手町乙2-7

電話番号:076-254-2120

ファクス番号:076-254-2929

Email:dainici1@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?