• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2013年8月14日

宮竹用水

宮竹用水の概要

  手取扇状地の中心には手取川が流れ、手取川左岸地域約2,600haを宮竹用水が潅漑しています。宮竹用水は手取川の左岸から取水していていましたが、白山堰堤の建設を機に、七ヶ用水と合同取水を行い、手取川の地下を逆サイホンによって潅漑されいています。

用水関係図

宮竹用水の歴史

  宮竹用水の起源は明らかではありませんが、用水が能美郡山上村字宮竹を通っていたことから、この名前が付いたと言われています。記録上は明治24年水利組合令によって宮竹用水水利組合が組織されたのが始まりで、当時の取水口は左岸にありました。
  宮竹用水の取水口は七ヶ用水の下流に位置していたため、水不足に悩まされ、安定した取水が求められていました。
  昭和9年の大洪水を契機に、白山堰堤の建設が計画されました。この頃、電力需要が増えたため、白山堰堤から取水される水を利用した水力発電所も併せて計画されました。
  農業用水の確保と電力需要に対応するため、七ヶ用水と宮竹用水は白山堰堤からの合同取水を行い、右岸で取水された水は手取川の地下を逆サイホンで横断し宮竹用水へと運ばれる形になりました。

ページの先頭へ戻る

 

お問い合わせ

所属課:農林水産部大日川ダム管理事務所 

石川県白山市阿手町乙2-7

電話番号:076-254-2120

ファクス番号:076-254-2929

Email:dainici1@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?