• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2019年8月26日

第1  大気汚染常時監視の概要(平成30年度)

1.大気汚染常時監視の概要

川県域にあっては、大気汚染防止法の規定に基づき、県と金沢市及び七尾市が連携を取りながら、自動測定機による大気汚染常時監視を行っています。
成30年度における本県の大気汚染の状況は、これまでの測定結果と同様、全国的にみて概ね中位から低位のレベルでした。
長期的評価による環境基準の達成状況は、一般環境大気測定局における二酸化硫黄、二酸化窒素、一酸化炭素、浮遊粒子状物質及び微小粒子状物質(PM2.5)、自動車排出ガス測定局における二酸化窒素、一酸化炭素、浮遊粒子状物質及び微小粒子状物質(PM2.5)については、すべての測定局で環境基準を達成していました。
短期的評価による環境基準の達成状況は、光化学オキシダントにおいて、全国的な傾向と同様にすべての測定局で環境基準を超過する状況となりましたが、光化学オキシダント注意報等の発令には至りませんでした。
主な大気汚染物質の経年的な濃度変化は、一般環境大気測定局
では、二酸化硫黄、一酸化炭素、光化学オキシダント及び微小粒子状物質(PM2.5)が概ね横ばい傾向、二酸化窒素及び浮遊粒子状物質が横ばいから減少傾向でした。自動車排出ガス測定局では、二酸化窒素、一酸化炭素、浮遊粒子状物質及び微小粒子状物質(PM2.5)が横ばいから減少傾向でした。

2.大気汚染常時監視体制

平成30 年度は、表1-1(PDF:105KB) に示すとおり、一般環境大気を対象に23 測定局、道路沿道の大気を対象に4 測定局の計27 測定局で測定を実施するほか、移動測定車による常時測定局の補完的な測定を3 地点(延べ約5 ヵ月)で実施しました。
 また、大気汚染の常時監視にあたっては、開始当初からテレメータを導入したデータ処理を行っており、現在では、サーバ及びパソコンを主体としたシステムによりデータ処理を行うとともに、平成20 年度からインターネットを活用して測定値等の情報発信を行っています。
 
 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課:生活環境部環境政策課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1463

ファクス番号:076-225-1466

Email:e170100@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?