• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2019年5月1日

石川県健康の森の中期経営目標

石川県健康の森(輪島市三井町)

指定管理者

  所在地:輪島市河井町20部1番地の47

  団体名:(株)上野組

  代表者:代表取締役  上野  吉夫

<石川県健康の森>  中期経営目標(実施期間  平成30年度~令和4年度)平成30年3月  策定

  施設の設置目的

    平成6年に開園し、園内には、総合交流センター、オートキャンプ場、バーベキュー舎、ソフトボール場などのレクリエーション施設、森林

科学館やノトキリシマ園、ツバキ園などの展示施設があり、林内には遊歩道も充分に整備されていることから気軽に森林浴や自然観察など

を楽しむことができます。

    平成12年、拠点施設として整備された総合交流センターでは、園内の総合案内のほか、パソコンや映像を使って地域の特産品やみどこ

ろ情報を提供するほか、シイタケの植菌やそば打ちなどの体験教室、キノコや山野草の観察会なども企画、開催しています。

施設の果たすべき役割

      「健康の森」は、能登半島の北岸に位置する輪島市三井町地区に位置し、標高200~300mの丘陵地帯で、能登半島北部地域の玄

     関口となる地区に立地しており、能登地域における森林・自然観察、自然体験学習・教育等の拠点施設の一つとして、自然体感機能や

    自然学習・教育機能、レクリエーション機能等の複合的機能を持つ施設となっている。

       森を基軸に人々が憩い、創造し、交流する地域づくりをめざそうとするものであり、具体的には、緑豊かな森林空間の創造やスポーツ・レ

     クリエーション施設の充実、自然体験・ふるさと体験の場の創出を行うものである。

事業内容

(1) 森林・緑地の保全と景観保持

          森林の自然植生、人工林、天然林や下層植生等の現存植生を保全管理するとともに、公園緑地の景観を保持する。

(2) 森林浴、やレクリエーション活動施設の提供

        遊歩道、広場等の森林浴やレクリエーションに適した施設を整備し、県民が気軽に森林の中で自然とふれあう機会を提供する。

(3) 野外教育活動施設の提供

          野外で活動する機会が少なくなった子ども・青少年に対し、自然観察や体験学習施設を整備し野外学習の場を提供する。

 (4) 交流活動の場の提供

        公園内で開催されるイベントの参加などを通じた交流の場を提供します。

 現状と課題

(1) 管理体制について

          ・健康の森では、民間のノウハウを活用して、施設を効率的・効果的に管理するため、指定管理者制度を平成18年度から導入してい

        ます。

          ・公園利用者に対する利便の提供、利用の促進、利用施設・設備、備品及び植栽等の維持管理及び修繕に関する業務などは指定管

        理者が行っており、当中期経営目標の実施期間である平成30年度から令和4年度までは、「株式会社上野組」を指定管理者として指定し

        ています。

          ・県では、利用状況や利用者からのご意見、小修繕の実施状況などの管理状況について、指定管理者より定期的に報告を受け、運営

        指導や財政支援を行うなど、適正な管理・運営に努めています。

          ・県は、指定管理者と調整し、老朽化した施設の更新・修繕などを実施しており、今後とも取り組みを充実させる必要があります。

 

(2)  施設の利用促進及びサービス(満足度)向上について

           ・目視等による施設、整備、遊具等の巡回点検を行い、常に安全かつ良好な状態を保持し、異常を発見した場合は、速やかに適切な

         処置を行っていきます。

           ・芝生広場の管理、遊歩道等の管理、林道等の管理などの維持管理については計画的かつ状況に応じて実施し、良好な環境づくりに

         努めていきます。

           ・現在指定管理者において、地域の自然、環境を利用し、魅力あるイベントを企画し実施しているが利用者の意見等を取り入れより良

          いイベントを実施していきます。

           ・健康の森で実施される各イベント等へ支援協力を行い、多くの方が利用できるよう努めていきます。

           ・広報活動として、ホームページの開設等を活用した情報発信を行っており、今後とも四季に応じた情報発信の充実に努めます。

 

 (3) 施設運営の効率化について

           ・県と指定管理者間で連絡体制を確立し、常に情報を共有するなど、非常時にも即時対応できるよう連携を図り、迅速かつ効率的な施

         設運営を行っています。

           ・今後とも、指定管理者の創意工夫に基づいた管理運営により、質の高いサービスを公園利用者に提供するとともに、管理経費の削

         減に努める必要があります。

           ・指定管理者では管理技術の更新を行います。

    中期経営目標

(1)中期経営目標(指定管理者がすべき目標)

    1  利用者数(津幡園地)を5年間で4%増加させます。

    2  利用者アンケートによる満足度は、 引き続き95%以上を維持します。

(2)測定指標と目標値

測定指標

基準値

(H26~H28平均)

中間目標値

(R2)

最終目標値

(R4)

1 利用者数(津幡園地) 30,481人 31,000人 31,700人
2 利用者アンケートによる満足度 利用者サービス 100% 95%以上 95%以上
施設の維持・管理 99.9% 95%以上 95%以上

指定管理者が設定した目標達成に向けた具体的な取組内容

(1)施設の利用促進及びサービス(満足度)向上に向けた取り組み

      ・ホームページやFacebookをより良くし、日々の「健康の森」の様子がわかるようにし、かつ予約状況をこまめに更新しお客様に情報発信

    します。

    ・施設内の遊歩道を整備し、散歩してもらいながら自然に親しんでもらいます。

    ・宿泊施設を団体の合宿やイベントに利用してもらう計画を行います。

    ・体験教室の日程が決まり次第、園内に張り紙し、新聞広告に出すなど情報発信をします。

    ・地元学校、各種団体からのボランティア活動は協議しながら受け入れます。

    ・宿泊施設の各部屋にアンケートを用意し、お客様の意見・要望を聞き参考にします。

    ・施設内の案内看板を点検し、利用者の立場になり設置場所の確認を行います。

    ・遊具を増設する計画をたてます。

    ・施設内にある遊具を定期的に点検し、安全に努めます。

    ・人材育成のために接待マナー講習や草刈り・チェンソーの資格取得を計画します。

 (2) 施設運営の効率化に向けた取り組み

    ・建築物は巡回点検を実施し、破損個所等の小規模修繕や交換補充を適切に行います。

    ・消防設備は専門家に委託し適切に行います。

    ・季節に応じて花を植え、除草、剪定等の手入れを行います。

 

参考資料(施設の利用状況など)

(1)利用指標(利用人数、稼働率などの状況)    (人)

項目 H26 H27 H28
入園者数(津幡園地) 27,746 32,009 31,687
27,746 32,009 31,687

 

(2)使用料の収入実績                  (千円)

項目 H26 H27 H28
施設利用収入 6,485 7,228 7,575
6,485 7,228 7,575

お問い合わせ

所属課:観光戦略推進部観光企画課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1126

ファクス番号:076-225-1129

Email:e200100@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?