• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > くらし・教育・環境 > 生活 > 男女共同参画 > 石川県女性相談支援センター

ここから本文です。

更新日:2020年6月1日

石川県女性相談支援センター

DVや性暴力など女性のさまざまな悩み
ひとりで悩まないで相談を

配偶者やパートナーから向けられる暴力(ドメスティック・バイオレンス いわゆるDV)をはじめ、女性のさまざまな相談に相談員が応じ、悩みや問題の解決に向けた支援を行います。

相談内容についての秘密は堅く守ります。

また、費用は無料です。

主な相談内容

 DV(ドメスティック・バイオレンス)   配偶者や恋人からの暴力・脅迫で困っている

 DVの種類  DVは殴る、蹴るなどの身体的暴力だけでなく、身体や心を傷つけるすべての行為を含みます。 

身体的暴力 殴る、蹴る  刃物を突きつける、物を投げつける、髪を引っ張る、タバコなどの火を押しつける、首を絞める   胸ぐらをつかむ   階段から突き落とす  など
精神的暴力  「誰のおかげで食べられるんだ」と見下して言う 、何を言っても無視する、行動等を制限する(外出、付き合い、持ち物) 、生活費を渡さない、大切な物を壊す、ペットを虐待する、他人の前で侮辱する  など
性的暴力 見たくないのにポルノビデオや雑誌を見せる、おどしや暴力で性的行為を強要する 、避妊に協力しない 、中絶を強要する、子どもが産めないことを一方的に非難する  など
経済的暴力 生活費を渡さない、家計を厳しく管理する、貯金を勝手に使う、外で働くことを妨害する
子どもを利用した暴力 子どもに暴力を見せる、子どもを虐待して見せる、子どもを取り上げる、子どもに親を侮辱させる  など

 DVは通常、このような暴力が一つではなく複合して繰り返し継続的に行われます。

DVリーフレット表紙(PDF:491KB)

性暴力被害で悩んでいる

 同意のない 対等でない 強要された 性的な行為はすべて性暴力です。

 パープルサポートいしかわ(いしかわ性暴力被害者支援センター)へご相談ください。

家庭不和

 家庭内のもめ事で悩んでいる

夫婦問題

 夫婦の問題や離婚問題で悩んでいる

 男女問題

 異性問題、ストーカー行為、思いがけない妊娠、中絶、出産について悩んだり迷ったりしている

 その他

 性的搾取等の被害で悩んでいる

ページの先頭へ戻る

DV相談窓口

面接相談 

石川県女性相談支援センター
  金沢市本多町3-1-10  石川中央保健福祉センター福祉相談部内

  • 連絡先
    電話 076-223-8655
  • 相談時間 
    月曜日から金曜日(祝日、年末年始を除く)8時30分 ~ 17時15分

電話相談

女性のためのDV専門電話相談
DVホットライン

076-221-8740
つらいつらい いちど  はなしを

  • 相談時間
    月曜日から金曜日(祝日、年末年始を除く) 9時00分~21時00分  
    土曜日・日曜日・祝日、年末年始  9時00分~17時00分 

DV相談+(プラス)

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛、休業等が行われる中、DVの増加・深刻化が懸念されることから、内閣府が新たな相談窓口として「DV相談+(プラス)」を設置しました(令和2年4月20日(月)より実施)

詳しくは、下記の内閣府ホームページをご確認ください。

DV相談プラスについて(内閣府男女共同参画局)(外部リンク)

また、4月10日には、橋本内閣府特命担当大臣(男女共同参画)より、新型コロナウイルス問題に伴うDV等への対応に関するメッセージが発信されています。

新型コロナウイルス問題に伴うDVへの対応に関する橋本内閣府特命担当大臣(男女共同参画)からのメッセージ(PDF:85KB)

 

ページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課:県民文化スポーツ部女性相談支援センター
石川県金沢市本多町3丁目1番10号
電話番号:076-223-8655
ファクス番号:076-223-9556
Email:fukusou@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?