• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2017年12月5日

阿岸本誓寺本堂  附棟札2枚

阿岸本誓寺本堂 附棟札2枚 (1棟)

江戸時代後期
本誓寺  輪島市門前町字南カの26番地


阿岸本誓寺本堂  附棟札2枚

  県指定文化財  平成4年10月9日指定

 
前町南の阿岸本誓寺は、文永5年(1268)創建と伝えられ、かつては鳳至郡106ケ寺の触頭をつとめた県下有数の真宗大谷派寺院である。境内は築地塀で囲われ、本堂、山門、鐘楼、鼓楼、庫裡、書院などの伽藍が建ち並び、当時の大坊の面影を保持している。本堂は、正面桁行柱間9間(24.12メートル)、梁行柱間10間(23.95メートル)、棟高12.5間(22.50メートル)の、入母屋造り、平入り、総茅葺、二軒繁垂木の堂々とした建築物である。主屋の柱は背面側を除き、全て円柱を使用して禅宗様に扱う。正面には4本柱の3間向拝を設け、正・側面3方に広縁及び落縁をめぐらし、手挟や蟇股にはすぐれた彫刻を有する。本堂内部は、須弥壇、脇仏壇を安置する後門形式の内陣を中心にすえ、その左右に余間を置く。この内陣廻りは立派で、内陣、余間共に拭板敷とし、天井は格天井を張るなど一体的に扱われている。外陣は奥行柱間4間であり、梁行方向に盲敷居を2本入れて縦に3分し、内陣際も盲敷居で区画し、矢来内を設ける。棟札によると、本堂は、越後国三嶋郡間瀬村の大工篠原嘉左衛門藤原副重を棟梁にして、安永9年(1780)に起工し、寛政4年(1792)に棟上げしたことが知られ、完成までにかなりの歳月を要したことが判る。このように、当本堂は規模、構造、細部意匠のいずれにおいても、浄土真宗本山格寺院の1つの典型を示した建築物である。さらに、大規模建築物にもかかわらず、豪快な茅葺屋根を保存していることは貴重であり、県内はもとより全国的にも稀有な存在である。

お問い合わせ

所属課:教育委員会文化財課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1841

ファクス番号:076-225-1843

Email:bunkazai@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?