• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 医療・福祉・子育て > 健康 > がん対策 > 石川県地域がん情報管理事業(石川県のがん罹患に関する統計)

ここから本文です。

更新日:2015年6月2日

石川県地域がん情報管理事業(石川県のがん罹患に関する統計)

1 石川県地域がん情報管理事業(石川県がん登録事業)の概要

(1)目的

ん(悪性新生物)は、石川県の死亡原因の第1位を占めており増加の一途をたどっています。
川県では、がんの罹患状況等を的確に把握し、がんの発病から治癒または死亡に至るまでの情報についてさまざまな角度から集計・分析を行い、がんの予防や保健医療活動に活用することを目的として、石川県地域がん情報管理事業(石川県がん登録事業)を実施しています。

(2)実施体制

川県地域がん情報管理事業は、「石川県地域がん情報管理事業実施要綱」に基づき、平成3年(1月から試行、10月から本格実施)から、石川県が実施主体となり社団法人石川県医師会、県内全医療施設及び金沢市(金沢市保健所)の協力を得て実施しています。

(3)がん登録の方法

川県内に居住する(外国人を含む)者で県内医療施設で登録対象がんと診断された者(罹患者)及び死亡者について、医師から届出される「石川県悪性新生物届出票」と県及び金沢市保健所から報告される「人口動態調査死亡票」により情報を収集しています。
患情報と死亡情報は照合、同定を行い、当事業の対象情報を登録します。登録情報は、罹患、受療、生存状況等について集計・解析され、その結果を報告書として公表しています。

2 石川県地域がん情報管理事業報告書

年報

一般向け普及版

臨時刊行

石川県におけるがん登録(平成3年~12年累積集計) 【平成17年3月臨時刊行】

3 がん登録資料の利用

川県地域がん情報管理事業報告書で報告している統計値は主要な項目に限られますが、がん登録で蓄積された情報をさまざまな観点から解析し、活用することは、がん対策の推進に大きな役割を果たします。
川県では、個人情報保護に十分留意しつつ、がん登録資料ががんの診断や治療、予防を目的とした活動に有効に利用されるよう、「石川県地域がん情報管理事業における情報の取扱要領」において、がん登録資料利用の手続きを定めています。
ん登録資料の利用にあたっては、県への申請手続きが必要です。利用を希望する方は、「石川県地域がん登録資料利用の手引き」(平成23年7月)をご覧ください。 

 

ページの先頭へ戻る

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課:健康福祉部健康推進課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1436

ファクス番号:076-225-1444

Email:kennsui@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?