• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 医療・福祉・子育て > 健康 > がん対策 > がんによる死亡の状況

ここから本文です。

更新日:2017年10月6日

がんによる死亡の状況

がんによる死亡者数の状況

本県では、昭和55年から、がんが死亡原因の1位を占めています。

がんによる死亡者数は年々増加しており、平成28年のがんによる死亡数は3,517人で、全体の約3割を占めています。  

 

グラフ1:主要死因別死亡数の年次推移(PDF:192KB)

グラフ2:主要死因別死亡割合(平成28年)(PDF:185KB)

 

がんの部位別死亡者数の状況

がんの部位別の死亡者数は、肺がん(706人)が最も多く、次いで大腸がん(472人)、胃がん(452人)の順になっています。

 

グラフ3:がんの部位別死亡者数の年次推移(PDF:62KB)

 

がんの年齢調整死亡率の年次推移

年齢調整死亡率(*)は、全国では年々減少していますが、石川県では近年横ばいとなっています。

 

* 年齢調整死亡率

 高齢者が多い地域ほど死亡率が高くなり、通常の死亡率(対象疾患死亡数÷対象地域の人口では、異なる年齢構成の地域同士を比較することができないため、昭和60年モデル人口を基準として算出した値です。

 

グラフ4:がんの年齢調整死亡率(75歳未満、人口10万対)の年次推移(PDF:336KB)

 

がんの部位別年齢調整死亡率の年次推移

75歳未満の年齢調整死亡率は、多くの部位で減少傾向となっています。

 

グラフ5:がんの部位別年齢調整死亡率(75歳未満、人口10万対、男性)(PDF:210KB)

グラフ6:がんの部位別年齢調整死亡率(75歳未満、人口10万対、女性)(PDF:219KB)

 

がんの部位別年齢調整死亡率の全国比較

部位別の年齢調整死亡率では、男性では肺がんが最も高く、次いで胃がん、大腸がんの順となっています。肺がんを除き、全国と比べて石川県では低くなっています。
女性では乳がん、肺がん、大腸がんの順となっています。全国と比べ、石川県では、胃がん、肺がん、肝がん、子宮がんが高くなっています。

 

グラフ7:がんの部位別年齢調整死亡率全国との比較(75歳未満、人口10万対、男性)(PDF:193KB)

グラフ8:がんの部位別年齢調整死亡率全国との比較(75歳未満、人口10万対、女性)(PDF:192KB)


 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課:健康福祉部健康推進課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1436

ファクス番号:076-225-1444

Email:kennsui@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?