• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2010年11月25日

地震から身を守る10カ条

1.我が身の安全を図る

机、テーブル、ベッドなどの下に身をふせ、様子をみましょう。

テーブル等の下へ

2.すばやく火の始末

地震で一番恐ろしいのは火災です。揺れを感じたら身の安全を守りながらあわてずに火の始末をしましょう。

まず火の始末

3.戸を開けて出口を確保

とくに中高層建物では出口の確保が重要です。鉄筋コンクリートの建物だと、ゆがみで出入口が開かないことがあります。

出口を確保

4.火が出たらすぐ消火

万一出火した場合、初期のうちの火を消すことが大切です。大声で隣近所に声をかけ合い、協力して消火につとめましょう。

すぐ消火

5.外に逃げるときはあわてずに

大きな揺れも、1分といわれています。あわてずに周囲の状況を確認し、おちついて行動しましょう。

あわてて外にでない

6.狭い路地、塀ぎわ、がけや川べりに近づかない

ブロック塀、門柱、自動販売機などは倒れる恐れがありますので、避難の時には近寄らないようにしましょう。

塀の近くには近寄らない

7.津波、山崩れ、がけ崩れに注意

居住地の自然環境を知っておくことが大切です。津波は海岸線に直角に高いところへ避難しましょう。

津波等に注意

8.避難は歩いて、荷物は少なく

消火、救護活動等の障害となりますので、車は絶対使わない。また、身軽に行動できるよう荷物も最小限にしましょう。

避難には車は使わない

9.協力し合って応急救護

お年寄りやケガ人などに声をかけ、みんなで助け合いましょう。

みんなで助け合いましょう

10.正しい情報を聞く

デマにまどわされないようにしましょう。市町村・消防署・警察署などの公共機関の正しい情報を聞くようにしましょう。

デマに惑わされない

 

 

お問い合わせ

所属課:危機管理監室危機対策課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1482

ファクス番号:076-225-1484

Email:e170700@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?