• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 連絡先一覧 > 土木部砂防課 > 11.災害時要援護者関連施設に対する支援

ここから本文です。

更新日:2017年6月13日

11.要配慮者利用施設に対する支援

|要配慮者利用施設に対する支援|

要配慮者利用施設に対する支援

経緯

  平成21年7月の中国・九州北部豪雨に伴う土砂災害により、山口県防府市(やまぐちけんほうふし)の特別養護老人ホームにおいて7人の尊い人命が失われたことを踏まえ、県では、要配慮者利用施設に対する土砂災害対策を強化しています。

平成21年7月豪雨被害1 houhu2 houhu3

土石流発生後の状況

土石流発生直後の様子

建物内部の状況

(撮影・提供:中国地方整備局)

避難を支援する取組み(ソフト対策)

施設管理者への説明会を開催(平成21年12月~)

  施設管理者に対し、土砂災害の危険性や正しい避難行動の取り方などについて、説明会を実施しています。

「避難支援ガイドライン」の作成・配付(平成22年6月~)

  施設において、的確かつ迅速な避難行動が取れるように、施設管理者や市町と共同で「避難支援ガイドライン」を作成し、施設に配付しています。

guideline

[記載内容]

・土砂災害の概要

・土砂災害警戒区域

・避難場所までの経路

・緊急時の連絡体制

・避難行動のポイント

など

「避難支援ガイドライン」の概要

「土砂災害相談カウンター」の設置(平成22年7月~)

  「土砂災害相談カウンター」を各土木事務所や市町に設置し、土砂災害に関する相談に対応しています。

「砂防サポート隊」の施設訪問(平成22年7月~)

  砂防・建築・防災に携わる県、市町職員をはじめ砂防ボランティア協会、学識経験者等で組織した「砂防サポート隊」が施設卯を訪問して土砂災害に対する安全対策をアドバイスしています。

spt1

pato2

pato1

砂防サポート隊のアドバイス状況

建物で危険性が高い箇所の補強を提案

施設内で避難する場合の危険性の低い所を提案

土砂災害防止施設の整備(ハード対策)

  施設に被害を及ぼすおそれがある土砂災害警戒区域は、砂防堰堤等の土砂災害防止施設の整備を進めています。また、整備にあたっては、被害がおよぶ施設の被害の程度などを総合的に勘案し、優先度の高い箇所から順次、整備しています。

お問い合わせ

所属課:土木部砂防課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1751

ファクス番号:076-225-1752

Email:saboka03@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?