• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 連絡先一覧 > 教育委員会生涯学習課 > 白山青年の家、白山ろく少年自然の家、鹿島少年自然の家、能登少年自然の家 指定管理者の候補者選定結果について

ここから本文です。

更新日:2016年11月30日

白山青年の家、白山ろく少年自然の家、鹿島少年自然の家、能登少年自然の家 指定管理者の候補者選定結果について

山青年の家、白山ろく・鹿島・能登少年自然の家等教育施設指定管理者審査基準に基づき総合的に審査し、選考を行った結果、施設の管理運営を安定的・効果的・効率的に実施し得る団体として総合的に優れていることから、指定管理者の候補者として次のとおり選定した。

1  指定管理施設

(1)  白山青年の家・白山ろく少年自然の家

ア  指定管理者の候補者

団体名 一般財団法人  白山市地域振興公社
代表者名 理事長    澤    信一
主たる事務所所在地    白山市鶴来本町四丁目ヌ85番地
指定期間 平成29年4月1日~平成34年3月31日までの5年間
項目 選定の基準 概要
1 県民の平等な利用が確保されること ・教育施設としての役割を十分理解しており、公平・公正な利用確保が期待できる。
2 最少の経費で施設等の適切な維持管理を図ることができること ・施設の維持管理に関し、個別に具体的な管理計画が示され、適切な施設管理が評価できる。
・宿泊研修施設等の管理実績を有し、経費節減の方策も具体的である。
3 最少の経費で施設の効用を最大限に発揮できること ・施設の立地条件を活かした運営や他の管理施設との連携が個別に示され、その効果が十分期待できる。
・施設長に教員経験者の配置を予定しており、教育施設としての効果が十分期待できる。
4 管理を安定して行うために必要な人員・資産その他の経営の規模及び能力を有していること ・職員の人員配置が適切かつ指導、研修内容なども充実しており、適格な管理運営が見込まれる。
5 安全・安心な管理運営が図られること ・既に作成されている安全管理マニュアルを改善し、更に危険予知訓練や防災訓練を実施するなど安全管理対策が図られている。

イ  その他の応募者

      なし

(2)  鹿島少年自然の家

ア  指定管理者の候補者

団体名 一般財団法人  石川県県民ふれあい公社
代表者名 理事長    北村    修
主たる事務所所在地    金沢市袋畠町南193番地
指定期間 平成29年4月1日~平成34年3月31日までの5年間
項目 選定の基準 概要
1 県民の平等な利用が確保されること ・教育施設としての役割を十分理解しており、公平・公正な利用確保が期待できる。
2 最少の経費で施設等の適切な維持管理を図ることができること ・近隣の、のとじま臨海公園など、既に経営や管理している施設との連携利用により相乗効果が見込まれる。
・個人情報保護に関する具体的提案があり、適切な管理が期待できる。
3 最少の経費で施設の効用を最大限に発揮できること ・活動プログラムの指導員などに、地域の団体などが具体的に示されており、教育効果も高いと見込まれる。
・快適に利用できるよう施設の充実に努めるなど、利用促進が期待できる。
・施設長に教員経験者の配置を予定しており、教育施設としての効果が十分期待できる。
4 管理を安定して行うために必要な人員・資産その他の経営の規模及び能力を有していること ・職員の人員配置が適切かつ指導、研修内容なども充実しており、適格な管理運営が見込まれる。
5 安全・安心な管理運営が図られること

・安全管理マニュアルに基づいた適切な措置や、活動プログラム内容の再確認及び活動場所・用具等の事前確認を行うなど適切な安全管理対策が見込まれる。

・看護師を常駐させるなど的確な応急措置が期待できる。

 イ  その他の応募者

      なし

(3) 能登少年自然の家

ア  指定管理者の候補者

団体名 一般財団法人  石川県県民ふれあい公社
代表者名 理事長    北村    修
主たる事務所所在地    金沢市袋畠町南193番地
指定期間 平成29年4月1日~平成34年3月31日までの5年間
項目 選定の基準 概要
1 県民の平等な利用が確保されること ・教育施設としての役割を十分理解しており、公平・公正な利用確保が期待できる。
2 最少の経費で施設等の適切な維持管理を図ることができること ・近隣の、能登勤労者プラザ・のと海洋ふれあいセンターなど、既に経営や管理している施設との連携利用により相乗効果が見込まれる。
・個人情報保護に関する具体的提案があり、適切な管理が期待できる。
3 最少の経費で施設の効用を最大限に発揮できること ・活動プログラムの指導員などに、地域の団体などが具体的に示されており、教育効果も高いと見込まれる。
・快適に利用できるよう施設の充実に努めるなど、利用促進が期待できる。
・施設長に教員経験者の配置を予定しており、教育施設としての効果が十分期待できる。
4 管理を安定して行うために必要な人員・資産その他の経営の規模及び能力を有していること ・職員の人員配置が適切かつ指導、研修内容なども充実しており、適格な管理運営が見込まれる。
5 安全・安心な管理運営が図られること

・安全管理マニュアルに基づいた適切な措置や、活動プログラム内容の再確認及び活動場所・用具等の事前確認を行うなど適切な安全管理対策が見込まれる。

・看護師を常駐させるなど的確な応急措置が期待できる。

 イ  その他の応募者

      なし

 2  選定委員会

委員長 教育委員会事務局企画調整室長 脇田  明義
委員 中小企業診断士 野村  博樹
  石川県子ども会連合会長 正木  明
  金沢大学地域連携推進センター長 市原  あかね
  教育委員会事務局教育次長 齊田  正活
  教育委員会事務局生涯学習課長 篠原  恵美子

 お問い合わせ先

石川県教育委員会事務局生涯学習課    担当  村木、清水

〒920-8575  石川県金沢市鞍月1丁目1番地
    電話                076-225-1836  又は1839
    FAX                076-225-1838
    電子メール    e540101@pref.ishikawa.lg.jp

 

お問い合わせ

所属課:教育委員会生涯学習課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1836

ファクス番号:076-225-1838

Email:e540101@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?