• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > キッズページ > こども向け県庁ガイド「伝統的工芸品」

ここから本文です。

更新日:2010年3月29日

 こども向け県庁ガイド「伝統的工芸品」

石川県には、輪島塗(わじまぬり)、山中漆器(やまなかしっき)、九谷焼(くたにやき)、加賀友禅(かがゆうぜん)など古くから伝わる伝統工芸(でんとうこうげい)の技(わざ)がたくさん受けつがれています。特に、国が法律(ほうりつ)に基(もと)づいて指定した伝統的(でんとうてき)工芸品の10品目と、その他の伝統的(でんとうてき)工芸品26品目があります

国指定伝統的工芸品

わじまぬり

輪島塗

何度も漆(うるし)を塗(ぬ)っては研(と)ぐことによって、丈夫(じょうぶ)な仕上がりとなります。

かなざわはく

金沢箔
純金(じゅんきん)に微量(びりょう)の銀、銅を加えた合金を、1万分の4ミリ以下の厚(あつ)さ(10円硬貨(こうか)を畳(たたみ)1枚の広さ)にまで延(の)ばしていきます。
やまなかしっき

山中漆器
ろくろを使って細い筋(すじ)をつけたり、漆(うるし)を塗(ぬ)ることで美しい木目ができます。

ななおぶつだん

七尾仏壇
運んでもこわれないように、丈夫(じょうぶ)に組み立てられます。また、細かい彫刻(ちょうこく)で飾(かざ)られます。

くたにやき

九谷焼
五彩(ごさい)(緑・黄・赤・紫(むらさき)・紺青(こんじょう)と呼(よ)ばれる華(はな)やかな色合いが有名で、時代や地域(ちいき)によって作風が違(ちが)います。

 かなざわしっき 金沢漆器
漆(うるし)で絵模様(えもよう)をかき、金や銀の粉で仕上げる「蒔絵(まきえ)」などの技術(ぎじゅつ)で、華(はな)やかな美しさがうまれます。
 かがゆうぜん 加賀友禅
草花などの自然の美しさを描(えが)いた模様(もよう)が中心で、多くの色が使われます。

 うしくびつむぎ

牛首紬
太くて節のある絹(きぬ)糸で織(お)るため、素朴(そぼく)な美しさがあります。丈夫(じょうぶ)なため、釘抜紬(くぎぬきつむぎ)と呼(よ)ばれます。

かなざわぶつだん

金沢仏壇
専門(せんもん)の職人(しょくにん)が仏壇(ぶつだん)の各部分をつくり、それらを最後に集め組み立てます。蒔絵(まきえ)や金箔(きんぱく)などで飾(かざ)られます。

かがぬい 

加賀繍
ぼかしや立体感をつけ、美しい絵模様(えもよう)をつくるししゅうの技です。帯や着物などをより美しくする大切な役目をしています。

県指定伝統的工芸品

和紙(わし)

  • 金沢市
  • 川北町
  • 輪島市

美川仏壇(みかわぶつだん)

  • 白山市美川

桐工芸(きりごうげい)

  • 金沢市

檜細工(ひのきざいく)

  • 白山市鶴来

珠洲焼(すずやき)

  • 珠洲市

加賀毛針(かがけばり

  • 金沢市

希少伝統的工芸品

大樋焼(おおひやき)

加賀竿(かがさお)

加賀獅子頭(かがししがしら)

加賀象嵌(かがぞうがん)

加賀提灯(かがちょうちん)

加賀水引細工(かがみずひきざいく)

金沢表具(かなざわひょうぐ)

金沢和傘(かなざわわがさ)

郷土玩具(きょうどがんぐ)

琴(こと)

三弦(さんげん)

太鼓(たいこ)

竹細工(たけざいく)

茶の湯釜(ちゃのゆがま)

鶴来打刃物(つるぎうちはもの)

手捺染型彫刻(てなっせんかたちょうこく)

銅鑼(どら)

七尾和ろうそく(ななおわろうそく)

能登上布(のとじょうふ)

能登花火(のとはなび)


お問い合わせ

所属課:県民文化スポーツ部県民交流課広報広聴室

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1362

ファクス番号:076-225-1363

Email:e130500b@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?