• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > キッズページ > こども向け県庁ガイド「石川県のシンボル」

ここから本文です。

更新日:2011年4月20日

こども向け県庁ガイド「石川県のシンボル」

県旗(昭和47年10月1日制定)

県旗

「石川」の文字と石川の地形をデザイン化したものです。地色の青は、日本海と豊(ゆた)かな緑・清い水・澄(す)んだ空気という石川の自然環境(かんきょう)を表しています。

県の木 あて(昭和41年10月1日制定)

県の木


緑の環境(かんきょう)づくりと木を愛する心を広めようと、県民のみなさんから募集(ぼしゅう)して定めました。能登地方に多く生育するヒノキアスナロで、北陸地方では『あて』と呼んでいます。家具や建築材(けんちくざい)、輪島漆器(わじましっき)の素材(そざい)にも多く使われています。

 

 

県の木 あて
昭和41年10月1日制定

 県鳥 イヌワシ(昭和40年1月1日制定)

 県鳥

白山連峰(れんぽう)に生息する日本最大級のワシで、英語でジャパニーズ・ゴールデン・イーグルと呼ばれています。翼(つばさ)を広げると2mにもなる雄々(おお)しい姿と勇猛果敢(ゆうもうかかん)な性格は、ますます躍進(やくしん)する石川県を象徴(しょうちょう)しています。(写真は白山自然保護センター提供) 
 

県鳥 イヌワシ
昭和40年1月1日制定

郷土の花 クロユリ(昭和29年3月19日制定)

 郷土の花

 NHKが「郷土の花」として選んだもの。白山の弥陀ヶ原(みだがはら)、室堂平(むろどうだいら)(標高2,300~2,500m)付近に多く自生しています。風雪に耐(た)えて咲(さ)くかれんな姿(すがた)は、広く県民から親しまれています。

 

郷土の花 クロユリ
昭和29年3月19日制定

ほっと石川コミュニケーションマーク

 ほっと石川

石川の観光をアピールするための新しいキャッチフレーズ「ほっと石川」とコミュニケーションマークはともに、
・石川の活力と熱い気持ち
・温泉(おんせん)のあたたかさ
・ぬくもりのある出会いともてなしの心
・ほっとするひととき、
くつろぎとやすらぎの石川
を表しています。


 

 

 

 

お問い合わせ

所属課:県民文化スポーツ部県民交流課広報広聴室

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1362

ファクス番号:076-225-1363

Email:e130500b@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?