• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > キッズページ > こども向け県庁ガイド「県庁のたてもの」

ここから本文です。

更新日:2011年6月9日

こども向け県庁ガイド「県庁のたてもの」

平成14年11月に完成した県庁舎は、高さ約100m、19階建ての行政庁舎(ぎょうせいちょうしゃ)を中心に、4階建ての議会庁舎(ぎかいちょうしゃ)、8階建ての警察本部庁舎(けいさつほんぶちょうしゃ)からなり、「人にやさしい」「環境(かんきょう)にやさしい」「災害(さいがい)に強い」の3つのコンセプトをもとにつくられました
外観(がいかん)は町屋(まちや)の繊細(せんさい)な縦格子(たてごうし)をモチーフに、内部(ないぶ)には伝統工芸(でんとうこうげい)や県産材(けんさんざい)を活用(かつよう)し、「石川らしさ」を表現(ひょうげん)しています

新県庁舎外観図(13kb)  

県庁舎・3つのコンセプト

バリアフリーを徹底(てってい)し、お年寄(としよ)りや障害者(しょうがいしゃ)の方にも安心してご利用いただけます。

  • 全エレベーターが車いす対応になっており、各階には車いすトイレがあります。
  • 介護(かいご)が必要な障害者や乳児連(にゅうじづ)れの来庁者の方のために多目的(たもくてき)トイレや授乳室(じゅにゅうしつ)があります。
  • 行政庁舎の1・2階では、総合案内(そうごうあんない)で貸し出しする受信機(じゅしんき)を使って、庁内の案内を聴(き)き取り、目的の場所へ行くことができます。

 

省資源(しょうしげん)・省エネルギーを徹底(てってい)し、環境(かんきょう)に十分(じゅうぶん)配慮(はいりょ)しています。

  • ライトコートで自然の光や風を取り入れ、自然エネルギーを積極的(せっきょくてき)に活用(かつよう)します。
  • 屋根に降った雨水(うすい)を樹木(じゅもく)にまいたり、トイレの洗浄(せんじょう)に使うなど、有効利用(ゆうこうりよう)します。

 

災害対策に適(てき)した機能(きのう)・構造(こうぞう)になっています。

  • 県全体をカバーする災害対策(さいがいたいさく)の指揮(しき)、情報伝達(じょうほうでんたつ)の拠点(きょてん)としての機能(きのう)があります。
  • 最新(さいしん)の総合防災情報(そうごうぼうさいじょうほう)システムを取り入れています。
  • 震度(しんど)7の大地震(だいじしん)にも耐(た)えることができる設計(せっけい)になっています。


県のなりたち

明治4年(1871年)7月に行われた廃藩置県(はいはんちけん)(全国の藩(はん)をなくして、県をおいたこと)で、金沢県、大聖寺(だいしょうじ)県、七尾(ななお)県がおかれましたが、大聖寺(だいしょうじ)県はすぐになくなって、加賀(かが)のほとんどが金沢県となり、県庁(けんちょう)が金沢におかれました。 その後、県の範囲(はんい)は何回か変わり、現在(げんざい)の石川県は、明治16年(1883年)にできました。
このあいだ明治5年2月から6年1月まで、県庁が石川郡美川町(いしかわぐんみかわまち)に移(うつ)りましたが、このときに県名を石川県と改めました。石川県という地名はこの「石川郡(ぐん)」からとったといわれています
参考資料:こども石川県史 

事はじめ・物はじめ編(昭和48年3月20日石川県発行)

お問い合わせ

所属課:県民文化スポーツ部県民交流課広報広聴室

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1362

ファクス番号:076-225-1363

Email:e130500b@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?