• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・文化・スポーツ
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 連絡先一覧 > 石川中央保健福祉センター > Q  このごろ70歳の父に元気がなく、好きだった相撲の中継も見なくなり家に閉じこもっています。最近気がついたのですが植木鉢に排尿したあとがありました。認知症でしょうか。

ここから本文です。

更新日:2018年3月29日

Q  このごろ70歳の父に元気がなく、好きだった相撲の中継も見なくなり家に閉じこもっています。最近気がついたのですが植木鉢に排尿したあとがありました。認知症でしょうか。

知症と紛らわしい病気もありますので認知症かどうか確認するために、また、認知症を早期に発見し適切な治療や対応をするためにも専門医に受診することをおすすめします。

知症と紛らわしいものには、
つ病(うつ状態)、脱水症や感染症などによる意識障害、脳卒中の後遺症による失語症などがあります。
うつ病、体の病気による意識障害は適切な治療を受けることで回復します。専門医は神経内科、精神科などです。

健福祉センターでもお年寄りの認知症などこころの問題について専門医による相談を行っています。必要に応じ訪問による相談も行います。(こころの健康相談についてへリンク

こころの健康相談

精神科医による相談は、予約が必要ですので相談日前日(河北地域センターは1週間前)までに下記お問い合わせ先までご連絡ください。

相談窓口・日程

  • 石川中央保健福祉センター健康推進課
    電話(076)275-2250

お年寄りの絵

 

お問い合わせ

所属課:健康福祉部石川中央保健福祉センター 

石川県白山市馬場2-7

電話番号:076-275-2251

ファクス番号:076-275-2257

Email:e150903@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?