• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > くらし・教育・環境 > 自然 > 自然公園 > 白山登山情報 > 白山登山をされる方へ > 白山の施設・登山道の状況について

ここから本文です。

更新日:2017年8月18日

白山の施設・登山道の状況について

(2017年8月18日現在の情報)

 

  白山観光協会発行パンフレット(PDF)(外部リンク)
  (避難小屋のおおよその位置などが分かります)

掲載の内容は、登山者などから寄せられた石川県側の情報を取りまとめたものです。新たな情報、詳しい情報がありましたら、下記のe-mailまで提供くださるようよろしくお願いします。また登山道や花の写真などもありましたら、可能な限り掲載させていただきたいので、ご提供お願いします。なお、情報が当センターに寄せられた時点で更新しますので、最新の情報ではないこともあります。ご理解の程よろしくお願いします。

白山(石川県側)では、平成29年7月1日(土曜日)から登山計画書(登山届)の提出が義務化されます。

登山計画書(登山届)の様式・提出方法は石川県危機管理室危機対策課で入手可能です。

11月上旬から4月下旬までは登山計画書は石川県危機管理室危機対策課に提出して下さい。

白山は活火山の1つです。登山される際には、ヘルメットを持参しましょう。あなたの身を守るのはあなた自身です。 (登山前の準備について

 1  登山の概況について

白山では7月1日(土曜日)から夏山開きで、白山室堂は食事の提供を開始します。砂防新道、観光新道では残雪はありません。他の登山道では残雪の状況が変化しますので十分注意してください。平成27年9月2日(水曜日)より気象庁の『白山の噴火警戒レベル』が運用開始されました。 (気象庁 白山の活動状況(外部リンク)

  • 高山植物を観賞、撮影する場合は登山道から外れないで下さい。(登山マナーについて
  • 登山道へのマウンテンバイク等の乗り入れはしないで下さい。
  • 全域でツキノワグマと遭遇する可能性があります。鈴など音の鳴るものを身に着け人間の存在をクマに知らせ、クマとの接近や出会いを防いでください。

2  中部登山道の状況 (砂防新道、エコーライン、トンビ岩、展望歩道、白山禅定道、観光新道、釈迦新道、別山市ノ瀬道、南縦走路)

  砂防新道(平成29年8月9日現在)

  • 砂防新道下部の下り専用登山道は土砂崩れが発生した為、通行出来ません。
    登り専用登山道により下山願います。尚、すれ違い時には十分に注意願います。
  •  甚之助避難小屋の水は飲料用として利用できます。

 

十二曲がり
十二曲がり(平成29年8月4日撮影) 

 

お池めぐりコース(平成29年8月7日現在)

ショートカットコース(千蛇ケ池~室堂の最短コース)

大廻りコース

  • 両コースともルート上に残雪はなく歩行に支障はありません。

 翠ケ池
翠ケ池(平成29年7月19日撮影)

大汝分岐

大汝分岐(平成29年7月19日撮影)

紺屋ケ池・油ケ池

大汝と紺屋ケ池・油ケ池(平成29年7月19日撮影)

ページの先頭へ戻る

南竜道・エコーライン・トンビ岩コース・展望歩道

南竜道(平成29年8月7日現在)

  • 問題なく通行できます。
  • 南竜休憩所は使用不可です。 

エコーライン(平成29年8月7日現在)

  • 問題なく通行できます。 

南竜山荘

エコーラインから南竜山荘(平成29年8月1日撮影)

トンビからエコー 

トンビ岩コース上部からエコーライン上部(平成29年8月4日撮影)

トンビ岩コース(平成29年8月7日現在)

  • ルート上の残雪はなくなり、歩行に支障はありません。  

トンビから御前

トンビ岩コース上部から御前峰(平成29年8月4日撮影)

展望歩道(平成29年8月7日現在)

  • ルート上に残雪はなく、歩行に支障はありません。    

ページの先頭へ戻る

観光新道・白山禅定道

観光新道(平成29年8月18日現在) 

  • 全コース特に危険な個所はありません。
  • 観光新道は、別当坂分岐~別当出合間に急な斜面が続くため、下りに不安のある方は砂防新道を下山することをおすすめします。  


室堂平 

室堂平(平成29年7月19日撮影)

白山禅定道(平成29年8月7日現在)

  • 市ノ瀬から別当坂分岐(観光新道との合流点)までは歩行に支障はありません。

ページの先頭へ戻る

釈迦新道(平成29年8月10日現在)

  • 湯の谷橋付近の林道は8月11日から歩行可能になりました。現場では、係員の指示、標識の指示に従って通行してください。
  • 七倉ノ辻の下方が一部崩落したため付け替え道を通行してください。 

ページの先頭へ戻る

別山市ノ瀬道 (市ノ瀬~御舎利山間)(平成29年8月14日現在)

  •  チブリ尾根の上の水場より上方15分の場所で登山道の法面崩落個所があります。注意してください。

    チブリ崩壊

     チブリ尾根登山道崩落個所 (平成29年8月11日撮影)

ページの先頭へ戻る

南縦走路(南竜~別山~三ノ峰) (平成29年8月7日現在)

  • 歩行に支障はありません。

 
ページの先頭へ戻る

その他の情報・注意点

  • 砂防新道の一部区間の一方通行について
  • 岩間道・噴泉塔線は新岩間から元湯間の斜面崩壊のため利用できません。
  • エコーラインは8月から10月にかけて登山道の整備をします。工事中の際は注意して、係員の指示にしたがってください。

施設の状況(平成29年8月7現在)

施設名 施設 トイレ 備考
市ノ瀬 -
別当出合 - -
中飯場 - -
甚之助避難小屋
(砂防新道)
利用可 -
殿ヶ池避難小屋
(観光新道)
利用可 - 利用可 -
チブリ尾根避難小屋
(別山・市ノ瀬道)
利用可 - 利用可 -

  3 北部登山道の状況(加賀禅定道、楽々新道、岩間道、中宮道、北縦走路)

加賀禅定道(平成29年8月7日現在)

  • ルート上に残雪はなく歩行に支障はありません。 

ページの先頭へ戻る

楽々新道 (平成29年8月7日現在)

  • 新岩間温泉から北竜ケ馬場まで残雪はなく、歩行に支障はありません。
     

岩間道,噴泉塔歩道(平成29年8月7日現在)

  • 新岩間から岩間元湯間に崩落箇所があるため当分の間通行止。

岩間道崩落個所
新岩間-元湯間の崩落個所(平成28年6月9日 撮影)

崩落個所
新岩間-元湯間の崩落個所(平成28年6月9日 撮影)

ページの先頭へ戻る

中宮道(平成29年8月7日現在)

  • 全般的に道が荒れており、時間に余裕を持った時間計画で行動してください。
  • お花松原上部のヒルバオ雪渓では残雪のため、視界不良の時は道迷いに注意してください。
  • 雪上歩行に慣れていない方は簡易アイゼン等が必要です。
  • 北弥陀ヶ原~ゴマ平避難小屋~シンノ谷間はササが茂り歩きにくくなっています。
  • ゴマ平避難小屋では、水が確保できます。

 ヒルバオ設計

ヒルバオ雪渓(平成29年8月2日木村芳文さん撮影)

ヒルバオ

ヒルバオ雪渓(平成29年8月2日木村芳文さん撮影)

 

ページの先頭へ戻る

北縦走路(平成29年8月7日現在)

  • 三方岩岳~妙法山間は通行に支障ありません。 
  • 妙法山~シンノ谷間はササが茂り歩きにくくなっています。 

ページの先頭へ戻る

施設の状況(平成29年8月7日現在)

施設名 施設 トイレ
奥長倉避難小屋
(加賀禅定道)
利用可 利用可
小桜平避難小屋
(楽々新道)
利用可 利用可
ゴマ平避難小屋
(中宮道)
利用可 利用可
シナノキ平避難小屋
(中宮道)
利用可 利用可

 

 4  宿泊施設(平成29年8月7日現在)

白山室堂
南竜山荘
南竜ケビン

 

ページの先頭へ戻る

白山周辺の道路

 白山周辺の道路の状況について

 平成29年度白山登山ピーク時の交通規制 パークアンドライド マイカー規制について

白山の登山道と施設について

主要登山道の距離と所要時間について

白山の登山施設案内について

 白山自然保護センターの各施設について

 白山自然保護センターの各施設について

ページの先頭へ戻る

 

 

お問い合わせ

所属課:生活環境部白山自然保護センター 

石川県白山市木滑ヌ4

電話番号:076-255-5321

ファクス番号:076-255-5323

Email:hakusan@pref.ishikawa.lg.jp

所属課:生活環境部自然環境課

電話番号:076-225-1477

ファクス番号:076-225-1479

Email:e170500@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?