• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2017年8月8日

石川県立能楽堂 

 Ishikawa Prefectural Noh Theater 

能楽堂の本舞台

石川県立能楽堂は、石川県の能楽文化の保存・継承及び振興の拠点として、昭和47年、全国初の独立した公立能楽堂として開館しました。能舞台は、昭和7年に建てられた金沢能楽堂の本舞台を移築したもので、長い歳月を経て落ち着いた趣に満ちています。                      

                       ほっと石川旅ネット(動画:石川県立能楽堂)(外部リンク)

                       Tourism ISHIKAWA  旅遊網(簡体中文)  旅遊網(繁体中文)  

1 石川県立能楽堂の概要

    本舞台  、 見所   (固定席373席、升席26席、車椅子席2席)、楽屋(57畳敷)、第二舞台(舞台、25畳敷)、

    休憩室(50席)、同時通訳・録画室、展示コーナー、図書コーナー 

    第三舞台(舞台、35畳敷)、楽屋、休憩室、茶室対青軒(8畳、水屋4畳、立礼席付き)、茶室犀庵(別棟、4.5畳台目、水屋4畳)

2  石川県立能楽堂 ご利用にあたって

         能楽堂は、能楽、邦楽その他の伝統的芸術文化の保存及び県民文化の振興に資する目的でご利用いただけます。

    ★ 学校関係者の皆様へ 公演のない日は、能舞台を見学できます。

    (例)遠足の一環として、休憩室(50席)を昼食等にご利用いただけます。石川県立能楽堂 TEL 076-264-2598  

3 石川県立能楽堂 催しのご案内

  • 観能の夕べ     平成29年7月1日(土)~8月26日(土) 毎週土曜日開催 (8月19日は特別公演となります。)

    今回から、よりお楽しみいただくため、開演前に演目に関する能楽体験を実施。

    能楽師による能楽の解説、公演する演目の謡・仕舞、囃子、狂言の体験です。

    詳細は、チラシをご覧ください。申込受付中(無料:ただし当日の観能の夕べ鑑賞者に限ります。要事前申込)

          夏休み期間中に謡と狂言を学んでみましょう。受講無料でただいま受講生募集中です。

    入場料金 2,000円(全席自由・高校生以下無料)  

    出演 宝生和英(宝生流第二十世宗家)、藤原道山(都山流尺八楽会大師範)

            司会 葛西聖司(アナウンサー、古典芸能解説者)

    ~ 「能」と「尺八」の若き担い手による語らいと共演~    普段交わることのない「能」と「尺八」。

            それぞれが持つ魅力と、共演により造りだされる新たな可能性をお楽しみください。

  • 能楽講座   ~ 知れば知るほど、大きく拡がる能楽の魅力 ~ nougaku

   金沢能楽会が11月5日に開催する定例能の演目などをテーマに、能楽師や能楽  

   の専門家が能楽の楽しみ方を演目の見所をわかりやすく解説します。

    場所:石川県立能楽堂 本館 (金沢市石引4-18-3)

    時間:いずれも午後1時30分から午後3時頃まで

    事前申込みや受講料は不要です。お気軽に能楽堂へお越しください。

    1 平成29年9月2日(土)  「能の見方」

               講師   佐野 由於  宝生流シテ方重要無形文化財保持者(総合指定)

    2 平成29年9月9日(土)  「節句と能・狂言の話」

                講師   児玉 信   能楽評論家

    3 平成29年9月16日(土) 「竹雪」の楽しみ方 

      講師   飯塚恵理人 椙山女学園大学教授

    4 平成29年9月30日(土) 「土蜘」の文学的背景  

      講師   藤井奈都子 愛知大学非常勤講師

    ★全4回のうち3回以上受講された方を(公社)金沢能楽会が11月5日に開催する定例能にご招待します。 

4 平成28年度に実施した事業   

5 中期経営目標

6 リンク

  ★  コンベンションでのご利用も可能です。詳細は下記ホームページをご覧ください。

  ★  能楽関連

   ◆金沢能楽会◇定例能について

  ◇5代藩主綱紀の時代より加賀藩では,能を愛好する藩主が続き幕末まで能役者を手厚く保護しました。その一方で、加賀藩細工所の職人  たちに能楽の一部を兼芸させ,教養を高めさせると同時に能の人材として育成し,また,領民たちにも奨励しました。これにより,世に加賀宝生といわれるほどの能楽の盛んな土地がらとなりました。一時,幕藩体制の崩壊により加賀宝生も衰退しましたが,佐野吉之助師の登場により、1900年金沢能楽会が設立され,以来100年以上の長きに渡り,連綿と伝統を受け継ぎ現在にいたっています。現在,石川県立能楽堂において年11回の定例能を催し,通算回数は1,100回以上に及んでいます。 

   

所在地・連絡先及びご意見・お問合せ先

所在地 金沢市石引4-18-3  [地図](PDF:54KB)  
電話番号 (076)264-2598
FAX番号 (076)264-2598

 nohgakudoページの先頭へ戻る

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課:県民文化スポーツ部能楽堂 

石川県金沢市石引4-18-3

電話番号:076-264-2598

ファクス番号:076-264-2598

Email:noh@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?