• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > くらし・教育・環境 > 環境 > 生活環境・公害・有害物質 > 石綿(アスベスト)対策について > ふるさと石川の環境を守り育てる条例の一部改正について

ここから本文です。

更新日:2014年5月16日

ふるさと石川の環境を守り育てる条例の一部改正について

成17年6月から、石綿製品を製造していた事業所の従業員などの間で、中皮腫など石綿が原因と見られる疾病死が全国で発生していることが明らかとなり、石綿に対する県民の関心が高まっています。

では、建築物の解体工事等による石綿の飛散を防止するため、平成17年10月7日に「ふるさと石川の環境を守り育てる条例」を改正し、石綿に関する規制を新たに設け、平成17年12月1日より施行しております。

体的には、吹付け石綿や飛散性が高い保温材等を使用した全ての建築物の解体工事等について県に届け出ることや作業基準の遵守を義務づけました。

た、現在使用中の建物についても、石綿の飛散のおそれがある場合は、建物所有者等が飛散防止に努めるなど必要な措置を講ずるよう規定を設けています。

  なお、平成17年12月21日の「大気汚染防止法施行令及び同施行規則」の改正により、平成18年3月1日から、条例に基づく解体等の届出等は大気汚染防止法に基づく届出等に移行されました。

届出書のダウンロード

このページのお問い合わせ

環境政策課規制指導グループ  076(225)1463

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課:生活環境部環境政策課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1463

ファクス番号:076-225-1466

Email:e170100@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?