• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2013年8月14日

ダムの役割

  大日川ダムは、かんがい、発電、治水を目的としたダムです。ここではダムの役割を紹介します。

目的その1  潅漑(かんがい)

  潅漑(かんがい)とは、田んぼや畑を耕作するのに必要な水を水路から引き、土地をうるおすことをいいます。大日川ダムは、手取扇状地と加賀三湖周辺の農地、約1万haの潅漑用水を補給しています。

目的その2  発電(はつでん)

  大日川ダムは潅漑用水を放流するとき、その落差を利用して水力発電が行われています。水力発電所はダムの下流に3ヶ所あり、北陸電力が運営しています。水力発電所では、最大24,200kw、約8,000世帯で使う分の電気を作ることができます。

目的その3  治水(ちすい)

  治水とは、みずおさめると書くことから、洪水などを防ぐという意味です。大日川ダムは、手取川の洪水から農地を守るために、降ってきた雨を一時的にダムに貯めて、下流の河川のはんらんを防いでいます。

 

お問い合わせ

所属課:農林水産部大日川ダム管理事務所 

石川県白山市阿手町乙2-7

電話番号:076-254-2120

ファクス番号:076-254-2929

Email:dainici1@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?