• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

更新日:2017年9月29日

石川の普及事業

普及事業とは

  農業の分野においても、他の産業と同じように、国や県の研究機関において日々新しい技術が開発されています。 この新しく開発された技術を、各地域の気象条件や風土に合うように改良・工夫をしながら、農家に普及させていく仕組みを「普及事業」といいます。 現在では、以下の課題についても取り組みを強化しています。

  1. 将来の農業を支えていく「担い手」の育成
  2. 消費者ニーズに沿った売れる農産物づくりに対する支援
  3. たい肥の有効利用等、環境と調和した農業生産に向けた取り組みに対する支援
  4. 農薬の安全使用等、食の安全・安心の確保に向けた取り組みに対する支援
  5. 農村の活性化に向けた取り組みに対する支援

もっと詳しく知りたい方へ(外部リンク)(農林水産省普及事業ホームページ)

ページの先頭へ戻る

普及指導員ってどんなひと?

  普及事業に従事する県の職員を「普及指導員」といい、農業者と接しながら、上記の課題に取り組んでいます。 現在、78名の普及指導員が、県内の6事務所に分かれて活躍しています。

ページの先頭へ戻る 

 石川県普及事業企画推進会議の実施について

  本県では、農林総合事務所農業振興部と中央普及支援センターが取組んでいる新規就農者など担い手の育成や特色ある農産物のブランド化推進などの普及指導活動に対して、外部有識者、農業者、消費者、中小企業診断士等からの評価や提案を受けることにより、今後の普及指導活動の更なる充実を目指すため、普及事業企画推進会議を開催しています。

普及指導員の活動事例紹介  

南加賀農林総合事務所(活動エリア:小松市、加賀市、能美市、川北町)

  米生産農家の所得拡大対策としてたまねぎの栽培に取り組んでいます(平成29年7月)

H29たまねぎ(南加賀) 南加賀農林総合事務所では、JA能美と協力し、平成28年9月から米生産農家の所得拡大に向けた新たな栽培品目として、米生産と作業時期が重ならず、機械作業により安定的な生産が可能なたまねぎの試験栽培に取り組んでいます。
 当事務所では、野菜作りの経験がない米生産農家にたまねぎを栽培してもらうため、地域に適した栽培方法を考案し、導入に向けて生産者に提案してきました。その結果、生産者7戸、81aで栽培を開始することとなりました。・・・

 →全文(PDF:204KB)

 加賀丸いものGI制度を活用した産地戦略検討会を開催(平成29年3月)

H28加賀丸いもGI(南加賀) 南加賀地区丸いも生産協議会では、加賀丸いもが地理的表示(GI)保護制度に登録(平成28年9月7日登録)されたことを機に、平成28年12月から平成29年2月に専門家を交えてGI制度を活用した産地戦略(生産、販売強化計画等)を検討し(全6回)、3JAにまたがる産地の一体的な取組によるブランド力強化を進めております。・・・

 →全文(PDF:755KB)

 

  

  →過去の活動事例を見る

 石川農林総合事務所(活動エリア:白山市、野々市市)

白山麓の生業創出に向けた羊放牧を開始しました(平成29年6月)

H29白山麓羊 石川農林総合事務所では、飼養が容易で、洋食レストラン等から食肉として引き合いの強い羊に着目し、白山麓地域の活性化策として、地域ぐるみで放牧に取り組み、新たな産業創出につなげようとする活動を支援しています。

 平成26年度から、石川県立大学と白山市と連携し、白山市木滑地区をモデル地区として、当地区の耕作放棄地を活用した羊の放牧を実施しており・・・

 →全文(PDF:254KB)

 

水稲新技術検討会・結果報告会の開催(平成29年3月)

H28水稲新技技術検討会(石川)

 当事務所では、水稲を主体とする担い手農家の経営体質強化を推進するため、(1)水稲の低コスト技術(直播など)と増収技術(多収性の晩生品種利用など)の普及、(2)大麦、大豆、新規需要米、酒米、ソバ等の生産の拡大、(3)園芸品目導入による米以外の収益確保推進を掲げ、「石川型水田農業」として展開しています。・・・

  →全文(PDF:717KB) 

 

 

    →過去の活動事例を見る

 県央農林総合事務所(活動エリア:金沢市、かほく市、津幡町、内灘町)

キャリアアップを目指す女性農業者を支援しています(平成29年9月)

H29キャリアアップ女性農業者(県央)

  金沢市、河北郡市を区域とする当事務所管内では、多くの女性が農業の重要な担い手として活躍しています。これら女性農業者には、加工や流通販売等の分野で女性の視点を活かし、農業経営に参画することが期待されています。
  しかしながら、経営参画への関心や意欲はあるものの学びの機会が少なく、「他の女性農業者との交流や他の経営を見学する機会がほしい」との要望があったことから、昨年度、女性農業者を対象とした交流会を開催しました。・・・
 →全文(PDF:191KB)

 

次世代の女性農業者の育成に取り組んでいます(平成29年3月)

H28女性農業者育成(県央)  次世代を担う女性農業者の活躍が期待される中、経営参画や組織内に新部門の設立を目指す管内の若手女性農業者から「他の女性農業者との交流や他の経営を見学する機会がほしい」という声が聞かれるようになり、平成29年1月11日と、2月7日に管内の若手女性農業者を対象とした交流会と視察研修会を開催しました。・・・

全文(PDF:319KB)

 

  

   →過去の活動事例を見る

 

中能登農林総合事務所(活動エリア:七尾市、羽咋市、中能登町、志賀町、宝達志水町)

「やってみせる」大麦の増収対策(平成29年5月)

H29やってみせる大麦(中能登) 中能登管内は、湿田が多いにもかかわらず排水対策が不十分なため、大麦の収量が上がらないことから生産者の生産意欲が低く、どのようにして収量を確保し意欲を向上させるかが課題となっていました。

 そこで、中能登農林総合事務所では、全農いしかわと連携し水田特有の水を通さない土の層を破壊する「サブソイラ」という機械を用い、実際に排水対策を行いその効果をやって見せることで、水田の大麦栽培において・・・

全文(PDF:174KB)

 

 「能登白ねぎ」産地再興のため、若手生産者の育成に取り組んでいます(平成29年3月)

H28能登白ねぎ産地再興(中能登) 12月13日に、中能登農林総合事務所が中心となった呼びかけにより、「JA能登わかば能登白ねぎ部会」の若手生産者4名が「能登白ねぎ勉強会」を立ち上げました。現在、七尾市、中能登町を代表する能登特産野菜である能登白ねぎの売上げが、最盛期の年間1億円超から現在の年間約3千万円まで落ち込んでおり、産地の将来を見据えた今後を担う生産者の育成活動の必要性が立ち上げの背景にあります。・・・

 →全文(PDF:272KB)

 

   →過去の活動事例を見る

奥能登農林総合事務所(活動エリア:輪島市、珠洲市、穴水町、能登町)

次世代育成交流会「輪島鳳珠の食と農を語る会」を開催しました(平成29年3月)

H28次世代育成(奥能登) 奥能登地域における農業後継者の確保は困難な課題であるものの、世界農業遺産の認定後、奥能登地域の観光や食に対して注目が集まり、新たなビジネスチャンスも増えています。
 このような状況の中、当事務所と輪島鳳珠地区農業振興協議会は、若手農業者が奥能登地域の魅力を再発見し将来の農業経営のヒントをつかむことで、将来展望を描けるようになることを目的に・・・

 →全文(PDF:289KB)

 

 

 参入企業と連携した地元希少食材の特産化に取り組んでいます(平成29年3月)

H28希少食材(奥能登) 平成28年春、前年に穴水町に参入した(株)ミスズライフ(以下、ミスズ)から、「地域食材を利用したベビーリーフの商品開発に取り組みたい」との要望がありました。
 これを受け、当事務所では管内の食材を検討し、穴水町下唐川集落の希少食材である在来のカラシ菜を提案しました。そして、農業試験場の協力を得て試食会を行った結果、・・・
 →全文(PDF:441KB)

 

 

   →過去の活動事例を見る

中央普及支援センター(活動エリア:県内全域)

トヨタと連携した改善指導員の育成 ~新しい武器を手に入れた10名の普及指導員~(平成29年3月)

H28カイゼン研修(中普) 県では、平成26年度からトヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)と連携して、トヨタが製造業で培った現場改善のノウハウを活かし、農業における生産工程の効率化の実証に取組んでいます。この取組みを普及していくためには、普及指導員がトヨタの現場改善のノウハウを身につけた上で、農業法人などの担い手の経営改善のサポートを行うことが必要です。・・・


全文(PDF:265KB)

 

OJTによる普及指導員の育成(平成29年3月)

H28OJT普及員育成(中普) 石川県では、普及組織のスリム化やベテラン普及員のリタイア(退職)に伴い新任普及指導員の早期育成が重要となっています。平成27年度に策定された「石川県普及指導員等人材育成計画」では、OJT研修による普及活動手法の早期習得を通じて人材育成を図ることとしています。
 OJTとはOn-the-Job Trainingの頭文字をとった、職場でのトレーニングや教育手法の一種で、「職場で実務をさせることで行う職業教育」のことです。・・・

 →全文(PDF:443KB)

 

   →過去の活動事例を見る  

 

ページの先頭へ戻る

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課:農林水産部生産流通課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1622

ファクス番号:076-225-1624

Email:e210300@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?