• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ここから本文です。

七尾港の概要

トップページ

ホーム|施設紹介|港湾統計お知らせ(充電スポット)その他電子入札・入札情報(CALS/EC)


施設紹介

七尾港の概要|事務所の組織、案内七尾港の港湾施設一覧七尾港の港湾計画平面図

七尾港入港料及び港湾施設使用料各種申請様式


港湾名

七尾港

管理者

石川県

港湾区域面積

4,040ヘクタール

所在市町村

七尾市

港湾区域認可年月日

昭和27年4月1日

昭和48年1月20日(変更)

重要港湾指定年月日

昭和26年1月19日

臨港地区面積

2,016,500平方メートル

臨港地区指定年月日

昭和40年3月29日

昭和47年10月20日

昭和51年6月29日

昭和53年5月16日

平成13年5月18日

平成15年4月18日

平成19年12月28日

平成21年5月7日

平成25年4月5日

港湾隣接地域面積

1,063,000平方メートル

七尾港位置図

七尾港位置図  平成27年3月現在

七尾港位置図(JPG:655KB)

七尾港全景

七尾港全景 平成24年8月撮影

七尾港全景:平成24年8月現在(JPG:829KB)

沿革

重要港湾  七尾港(ななおこう)

港湾管理者  :  石 川 県

尾港は、能登半島の中央部、七尾湾の南湾に位置し、古くは香島津と称し、能登島を防波堤とした天然の良港として、室町時代には越後、佐渡、奥州をはじめ遠く中国大陸とも通商していた。

和2年11月第2種重要港湾に指定され、昭和22年8月に貿易指定港としての許可がおり、昭和26年1月に重要港湾に指定された。その後昭和27年2月に港内の浮遊機雷が一掃されたことにより、海上保安庁による七尾港安全宣言が行われた。

湾整備は、昭和47年10月港湾計画策定以来、エネルギー基地、木材流通加工基地として施設整備を進めており、平成5年には大田地区に3号岸壁(水深13メートル)の着手、平成7年3月には、七尾大田火力発電所1号機、平成10年7月には同2号機が稼動を開始し、平成17年7月にはLPG国家備蓄七尾基地が完成する等、大型プロジェクトも順調に進み、取扱貨物量も昭和47年の175万トンから平成19年次には439万トンと2.5倍に達している。

成3年9月には府中地区において、県内初の民活制度を利用した七尾フィッシャーマンズワーフがオープンし活況を呈しており、これに隣接する七尾マリンパークも平成14年3月に完成し、平成19年度には、みなとオアシス七尾「能登食祭市場」として新たにスタートした。

た、平成19年12月に大田地区において3号岸壁(水深13メートル)が多目的国際ターミナルとして供用を開始し、現在は暫定水深11メートルで供用している。さらに、平成27年5月には矢田新地区で、震災時における緊急物資等輸送を想定した耐震強化(旅客船)岸壁(水深7.5メートル、延長220メートル)が供用を開始した。

耐震強化(旅客船)岸壁(-7.5m)

かねてより建設を進めてきた耐震強化(旅客船)岸壁(水深7.5メートル、延長220メートル)が供用を開始しました。大規模地震発生時に海上からの緊急輸送ルートを確保し、地域の安全・安心の向上に大きく寄与するとともに、旅客船誘致による交流人口の拡大による港のにぎわい創出が図られるようになりました。 

矢田新地区耐震(旅客船)岸壁位置図

矢田新地区 耐震強化(旅客船)岸壁 位置図  

 矢田新地区 耐震強化(旅客船)岸壁 位置図(JPG:185KB)

矢田新耐震(旅客船)岸壁

矢田新地区耐震(旅客船)岸壁 全景(にっぽん丸入港時)

(平成27年5月1日)

 

 

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

所属課:土木部七尾港湾事務所 

石川県七尾市矢田新町ニ部162-2

電話番号:0767-53-0440

ファクス番号:0767-53-0462

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?