• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 医療・福祉・子育て > 少子化対策 > 次世代育成支援 > 地域少子化対策重点推進交付金の活用について

ここから本文です。

更新日:2016年11月22日

地域少子化対策重点推進交付金の活用について

  石川県では、結婚、妊娠・出産、育児の「切れ目ない支援」のために行う取組のうち、結婚に対する取組及び結婚、妊娠・出産、乳幼児期を中心とする子育てに温かい社会づくり・機運の醸成の取組について、国の「地域少子化対策重点推進交付金」を活用し、以下の事業計画に基づき、事業を実施しています。

事業名

石川県少子化対策推進事業

実施期間

平成28年4月20日~平成29年3月31日

地域の実情と課題

   石川県では、これまで、全国に例を見ない網羅的・具体的な施策を盛り込んだ「いしかわ子ども総合条例」を制定し、これを拠り所に、独自性・先駆性のある施策を総合的に進めてきたところである。この結果、県民意識調査によると、子育てに不安を持つ方は減少し、平成20年の約7割が5年後の平成25年には約6割となるなど、着実な成果が見られるものの、子育てに関する4つの不安である「精神的な不安」「経済的な不安」「仕事と家庭の両立の不安」「母子の健康への不安」は依然として継続している状況にある。このため、平成27年3月に策定した「いしかわエンゼルプラン2015」では、結婚、妊娠・出産、子育てといった、ライフステージの進展に応じた切れ目のない支援という視点に立った上で、これまでの施策を深化させつつ、新たな対応策を講ずることとしたところである。結婚支援については、未婚者の約7割が結婚を希望する一方で、未婚化・晩婚化の流れが止まらない状況を踏まえ、行政としてもこれまで以上に一歩踏み込んで取り組んでいく必要がある。

  また、上記の子育てに関する4つの不安が依然として継続している背景には、核家族化の進展や、地域社会のつながりの希薄化の進行により、子育てを助けてくれる人や子育てについて相談できる人がそばにいないという子育て家庭の孤立化が考えられるため、地域ボランティア、NPO等と連携し、地域の人々とのつながりを今よりも密接なものとすることで、地域社会全体で乳児などの子どもや子育て家庭を温かく見守り支える環境づくりを進める必要がある。

都道府県における少子化対策の全体像及びその中での本事業の位置づけ

  石川県「いしかわエンゼルプラン2015」においては、次代を担う子どもが、心豊かにたくましく育ち、自立した大人に成長するとともに、結婚や出産の希望がかない、安心して子どもを生み育てていくための支援の充実を基本目標として掲げ、「結婚」、「妊娠・出産」、「子育て」といったライフステージごとの施策の柱と、各ライフステージにわたる「働き方」における施策の柱で構成している。

 

<ライフステージごとの施策の柱>

結婚              結婚を希望する若者の希望をかなえ、安心して家庭を築くための支援の充実

妊娠・出産    安心して子どもを生み育てるための母子の健康の確保及び増進

子育て          全ての子育て家庭が安心して子どもを育てることのできる環境の整備

                     子どもの生きる力を育む教育の充実と環境の整備

                     社会的な支援の必要性が高い子どもや家庭に対するきめ細かな支援の充実

<各ライフステージにわたる施策の柱>

働き方          仕事と生活の調和(ワークライフバランス)の推進

 

  本事業のうち結婚支援に係るものについては、上記の「結婚」の施策の柱に位置付けられる。また、温かい社会づくり・機運の醸成に係るものについては「子育て」の「全ての子育て家庭が安心して子どもを育てることのできる環境の整備」に位置付けられる。

事業内容

1  結婚に対する取組    29,200千円

結婚を希望する若者の希望をかなえるため、結婚相談や出会いの仲介を行う「縁結びist」の倍増及び活動強化や、企業における取組促進を図る。

1.「縁結びist」への支援推進事業       7,200千円

2.企業への支援推進事業                  11,000千円

3.結婚支援体制の強化事業              11,000千円

2  結婚、妊娠・出産、乳幼児期を中心とする子育てに温かい社会づくり・機運の醸成    12,000千円

 子育てしやすい環境づくりに向けた取組を行う団体への支援等の実施や、子育て支援パスポート事業のPR及び、新規協力店舗募集を行う。

1.子育てに温かい社会づくり・機運の醸成推進事業      11,000千円

 

2.子育て支援パスポート事業の全国共通展開               1,000千円

 

※市町が実施する事業については、各市町のホームページで公表しています

  加賀市(外部リンク)

  中能登町(外部リンク)

 

お問い合わせ

所属課:少子化対策監室 子ども政策課

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1447

ファクス番号:076-225-1423

Email:e150300@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?