• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 社会基盤・地域振興 > 河川・海岸・砂防 > 河川 > プレジャーボートの不法係留船対策について

ここから本文です。

更新日:2013年12月6日

プレジャーボートの不法係留船対策について

    石川県内の河川、港湾などの公共の水域には、平成23年現在で、約1,600隻の船舶が不法に係留されており、そのうち大半がプレジャーボート(レジャー用のモーターボートなど)です。

  これらのプレジャーボートの不法係留を放置することは、次のような様々な問題の原因となります。

  • 津波、高潮、洪水などの際に放置艇が流出し、災害を引き起こすおそれがある。
  • 護岸に杭を打ち付けて桟橋を設置しているケースでは、河川管理施設の安全性を損ねている。
  • 他の船舶の航行に支障をきたすおそれがある。
  • 早朝のエンジン騒音、ゴミの投棄、違法駐車など、地域住民の生活環境の悪化を招き、景観を損ねている。
  • 一般の方が釣りや川に親しむ行為を行えないなど、河川の自由使用の妨げとなる。

   県内には、マリーナ施設などの恒久的な係留・保管施設が十分に整備されていない地区があり、一挙に強制的な撤去措置をとることは困難であるため、県では、河川管理上の支障の程度に応じて、計画的かつ段階的な不法係留船対策を実施するとともに、プレジャーボートの適正な係留保管のための取り組みを推進していきます。

ページの先頭へ戻る

 1  重点的撤去区域・放置等禁止区域の指定

    石川県では、河川及び港湾において、プレジャーボートなど不法係留船の放置を禁止するため、河川法に基づく「重点的撤去区域」、及び港湾法に基づく「放置等禁止区域」を指定しています。指定された区域では、河川法及び港湾法に基づく監督処分を実施し、指導・警告に従わない場合は、強制的な移動措置などを実施する場合があります。

   

※「重点的撤去区域」、「放置等禁止区域」は、県内の他の地域においても順次指定していく予定です。

ページの先頭へ戻る 

2  プレジャーボート所有者の皆様へ

●係留保管施設の確保と適正な管理は、所有者の責務です。

   プレジャーボートを所有する方は、自らの責任で係留保管施設を確保し、適正な管理に努めてください。

 ●不法係留は絶対にしないでください。

   河川に許可なくプレジャーボートを係留することは、違法です。

  マリーナ施設等の保管料を支払いたくない、自宅の近くに係留したい、などの理由で、河川をプレジャーボートの保管場所として私物化することは認められません。現在、不法係留している方は、速やかに適正な保管場所に移動してください。

   これからプレジャーボートを所有される方は、必ず適正な保管場所を確保した上で取得してください。

ページの先頭へ戻る

3  石川県内のマリーナ施設

  石川県内にあるマリーナ施設は下表のとおりです。施設の空き状況については、各施設にお問い合わせください。

番号 マリーナ施設名称 所在地 収容可能隻数 問い合せ先
1 金港マリーナ 金沢市湊3丁目19-4 陸上保管
99隻
076-239-1910
藤川  恵美子
2 ウォーターフロントパーク金沢 金沢市大野町4丁目リ46番地1 陸上保管
25隻
076-213-5533
合同会社ウォーターフロントパーク金沢
水面係留
75隻
3 清水マリンサービス 河北郡内灘町向粟崎1-47 陸上保管
25~30隻
076-238-4386
清水  信彰
4 内灘マリーナ 河北郡内灘町大根布8字1-4 陸上保管
約150隻
076-286-0228
(株)マリンパーク内灘
5 ナナオベイマリン 七尾市津向町ト部53番地5 陸上保管
50隻
0767-53-3838
川崎  秀次
水面係留
3隻(ビジター用)
6 石川県滝港マリーナ 羽咋市滝町レ部101番 陸上保管
264隻
0767-22-9099
(有)プロジェクトドゥ
水面係留
20隻
(一時係留及びビジター用)
7 穴水町宝山マリーナ 鳳珠郡穴水町字川島ラの198番地 水面係留
16隻
0768-52-3660
穴水町
8 マリーナシティ能登 鳳珠郡穴水町岩車ウ39 陸上保管
200隻
076-280-9339
石川  彰一
9 穴水マリーナ 鳳珠郡穴水町岩車ツ35 陸上保管
40隻
0768-56-1203
牛上
水面係留
12隻
10 輪島市マリンタウンボートパーク 輪島市マリンタウン7番地1 陸上保管
約50隻
0768-23-0011
(株)まちづくり輪島

  

ページの先頭へ戻る

4  プレジャーボートが不要となった場合には

   プレジャーボートが不要となった場合には、公共の水域に放置せず、適正に処分してください。

   FRP船については、平成19年度より社団法人日本舟艇工業会が、FRP船リサイクルシステムを運用していますので、社団法人日本舟艇工業会に相談してください。

  参考  一般社団法人日本マリン事業協会のホームページへ(外部リンク)

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

所属課:土木部河川課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1736

ファクス番号:076-225-1740

Email:e250900@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?