• ホーム
  • くらし・教育・環境
  • 医療・福祉・子育て
  • 観光・交流・文化
  • しごと・産業
  • 社会基盤・地域振興
  • 県政情報・統計

ホーム > 社会基盤・地域振興 > 河川・海岸・砂防 > 河川 > 木場潟「水と緑のふれあいパーク(ビオパーク)」

ここから本文です。

更新日:2017年8月3日

木場潟「水と緑のふれあいパーク(ビオパーク)」

zenkei

私たち一人ひとりの手で木場潟にかがやきを

木場潟にある「水と緑のふれあいパーク」は、みなさんが自由に水とふれあえる施設であるとともに、野菜や花の栽培・収穫を皆さんに手伝ってもらうことで、木場潟の水をきれいにする施設でもあります。

水耕栽培にて野菜や花を育てるという、自然とのふれあいを楽しみながら、地域の大切な宝物である木場潟に、かつてのかがやきを取り戻してみませんか。

「水と緑のふれあいパーク」の概要

自然を活かした水質浄化

 水と緑のふれあいパーク(ビオパーク)とは、クレソンなどの野菜やワスレナグサなどの花を、栽培、収穫しながら、水中の濁りの原因(浮遊物質、植物プランクトン、窒素、リンなど)を植物の力により取り出し、水をきれいにする浄化施設です。

 この施設では、木場潟の水を1日に2,400立方メートル汲み上げ、植物がつくるマット状の根の間を水が通る間に水がきれいになるという、自然を重視した浄化方法を採用しています。

木場潟の概要

 一級河川梯川水系木場潟は、石川県小松市に位置し、潟の面積が114ヘクタールの閉鎖性水域です。木場潟は、かつて今江潟、柴山潟とともに「加賀三湖」と称される自然豊かな美しい湖でしたが、残念なことに、近年では、水質汚濁が進んだ湖の一つとされています。

計画の経緯

 木場潟の水質改善を図るにあたり、浄化を行いながら、環境に対する関心、理解を深めるために、浄化の一手法として水耕植物を利用した「ビオパーク方式」という浄化手法を採用し、木場潟の水質浄化に取組んでいきます。まだ、規模的には小さく、実験段階ではありますが、木場潟の浄化を促進する施設として活用が望まれます。

 メニュー

 

お問い合わせ

所属課:土木部河川課 

石川県金沢市鞍月1丁目1番地

電話番号:076-225-1736

ファクス番号:076-225-1740

Email:e250900@pref.ishikawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?